貯金から投資へ お金の育て方 一覧

お金に働いてもらうことは、悪いことでしょうか・・・?

お金に働いてもらうことは、悪いことでしょうか・・・?

我が家は、自分たちが働くだけではなくて 自分たちのお金にも働いてもらっています。 前回の記事です。 ・我が家は、お金と共働きをして...

記事を読む

投資にまわすお金は、どうやって作ればいい?

投資にまわすお金は、どうやって作ればいい?

投資をした方がいいのはわかっても、 いまの生活でギリギリだから、ゆとりなんてない! そういった問題は、もちろんあると思います。 ...

記事を読む

フルタイムで40年働いて、年金の手取りが8万円!に衝撃を受けました。

フルタイムで40年働いて、年金の手取りが8万円!に衝撃を受けました。

20代のころは・・・ 「60歳になったら悠々自適に暮らせる。」 なんて、ちょっと甘く考えていたことがあります(汗) 老後は年金...

記事を読む

スポンサーリンク
旦那に家計を任せられない・・・ひとつの大きな理由があるんです。

旦那に家計を任せられない・・・ひとつの大きな理由があるんです。

我が家の家計を握っているのは、妻である私です。 旦那さん側がしっかりと家計を管理されているご家庭もありますが、 私が旦那に任せられな...

記事を読む

「本当にお金が増える投資信託」として選ばれたファンドを、ポートフォリオに組み込んでいく。

「本当にお金が増える投資信託」として選ばれたファンドを、ポートフォリオに組み込んでいく。

投資信託は、 普通の家庭である私たちが投資するには最高の商品です。 でも、なかなか積極的に投資できないという人が多い・・・ そ...

記事を読む

イデコって、いまの私も入った方がいいですか?

イデコって、いまの私も入った方がいいですか?

ブログを通していただく質問の多くに 「イデコって、いまの私も入った方がいいですか?」 ということをよく聞かれることがあります。 こ...

記事を読む

「家賃がもったいない」という理由から、抜け出すことができそうです。

「家賃がもったいない」という理由から、抜け出すことができそうです。

私の周りの友達、約8割が家を買いました。 賃貸派はやっぱり少数・・・ 賃貸での一番のネックは 「家賃がもったいないから」という...

記事を読む

「時間とお金のワナ」から、少しずつ抜け出そう。

「時間とお金のワナ」から、少しずつ抜け出そう。

貯金から投資へ。 これが国の政策として勧められているのは、 年金問題などがあるからということでもあるのでしょう。 将来のお金の...

記事を読む

〇〇を使えば、ほぼノーリスクで資産形成ができる。

〇〇を使えば、ほぼノーリスクで資産形成ができる。

同じ金額を毎月積立していても・・・・ 10年以上たったときに、やり方次第で大きく差がつくことがあります。 それは、複利という投資にか...

記事を読む

住宅ローンの返済が先か、投資が先なのか?

住宅ローンの返済が先か、投資が先なのか?

先日、姉のぴよこがローンと投資について記事にしていましたが。 こういった内容を読むと、 それぞれのご家庭に応じた投資の仕方が 大切...

記事を読む

なぜこんなにイデコがおすすめされているの?

なぜこんなにイデコがおすすめされているの?

最近はニュースでも取り上げられたり、 書店にいっても「確定拠出年金(イデコ)」について みかけるようになってきましたね。 なぜこん...

記事を読む

モノの見直しで3000万!片づけと資産のフシギな関係とは?

モノの見直しで3000万!片づけと資産のフシギな関係とは?

大げさに聞こえるかもしれません。 でも、ひとつだけわかっていることは・・・ お金をどう使うかによって、家計は大きく変わるということ。...

記事を読む

とほうにくれる、姉のぴよこが心配です。

とほうにくれる、姉のぴよこが心配です。

浪費家でもなく、ムダなものにお金を使わない私の姉は シンプルな暮らしを実践しています。 でも、キッチリしているように見えても じつ...

記事を読む

40代や50代からでも、投資はおそいわけではありません。

40代や50代からでも、投資はおそいわけではありません。

読者の方からいただく質問で 「50代手前なんですが、投資するには遅いですか?」と 聞かれることがあります。 投資は早ければ早いほど...

記事を読む

損益はプラス300万円へ。円高に進んだ先月、投資信託をスポット購入しました。

損益はプラス300万円へ。円高に進んだ先月、投資信託をスポット購入しました。

先月、一気に株安と円高が進んだので セゾン投信をスポット購入しました。 株中心で運用されている、セゾン資産形成の達人ファンドの方です...

記事を読む

スポンサーリンク