ゴールドへの投資は有限だから安心して保有できます。

今年から、また再開している金貨(ゴールド)への投資。

日本人の方は、ゴールドに投資をしている方も多くないので
それって大丈夫なの?と心配されるかもしれませんが。

基本、不安はありません。

なぜなら、ゴールド(金)は有限だから。

この希少価値が理解できるようになってくると
少量でも保有しておきたいと、私は思うんですよ。

スポンサーリンク

数千年の労力を費やしても限られた量しか採れない

私が金を安心して保有できる理由のひとつは、その希少価値の高さです。

これ、意外にご存知ではないかもしれませんね。

沢山あるようで、もう希少になっているのが金の絶対量なんですよ。

現在、世界に存在している採掘された金(地上宝庫といいます)は約19万トンで、量に換算すると五輪などで使われる国際基準のプール約4杯分しかありません。人類が数千年の歴史の中で、数万人の労力を費やしても、これだけの量しか採れなかったのです。また、地中に埋蔵されたままの未発掘の金もありますが、その量は5万トンほどといわれ、そのほとんどは採掘が非常に難しい場所にあるといわれています。

超カリスマ投資系YouTuberが教える ゴールド投資

作れない、増えない、増やせない、取れない

これが、金の特徴なんです。

昔から身近で目にしてきたようで・・・
その希少性は、年々上がってきていることを感じていますよ。

だから、買う価値があると判断しました。

正直、プール4杯分という量の少なさにビックリしませんか?

いまではもう、採掘することさえ難しい現状であるのなら
有限である資産の価値は、やはり目減りしにくいでしょう。

中国やインドの人は、ゴールド(金)が大好きですから
ゆたかになるほど、手元に置いておく習慣もあります。

日本では、なじみのないことであったとしても
世界全体の需要と供給を考えてみても・・・

保有することに、大きな不安はないんです。

むしろ、現金の方がインフレリスクからも危ないってことですね(笑)

需要はあるのに供給量が増やせないからこそ長期で保有できる

需要はあるのに、供給量が増やせない。

これが、金への投資として最大の魅力かもしれません。

株や債券は、量を増やせることはできても・・・
金はその絶対量が、増えないわけですから。

不動産に関してもそうで。

将来的に超少子高齢化になっていくのなら
価格崩壊がいつ起こっても、おかしくありません。

私たちの家計のウェイトを多く占めるものは・・・やはり”家賃”ではないでしょうか?ですよね。みんな決して安くない金額を支払っ...

需要と供給のバランスを調べていくことで
長期で保有することに、ちゃんとしたメリットを感じています。

投資とは、長い目でみて増えていくかどうか。

そこの見極めが、大切になっていきますからね^^

いまは、現物である金貨を中心に少しずつ増やしています。

詳しくは→メイプル金貨 1/2オンス 純金 K24 15.55g 1/2oz 中古美品

思っていたよりも投資環境が変わってきていますから・・
コツコツと買い増しできるうちに、こっそりと(笑)

入手しづらくなっている、現物を手元に増やして
そこからETFでの購入も検討していきます。

これから、環境が変わっていく金投資についても
調べながら、資産の割合に増やしていきますね。

ではでは。


スポンサーリンク

▽ランキングに参加しています▽
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

▽参加トラコミュ▽
少ないモノで暮らす
持たない暮らし
シンプルで豊かな暮らし

合わせて読みたい

この記事をお届けした
持たない暮らし、使い切る暮らし。の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Instagram