4月に契約更新してもらえるのだろうか?という状況になって。

沖縄に移住してから夫婦で自営をしてきた私たちですが、
一年半前から夫は契約社員として外で働き始めました。

契約社員は、期間ごとの更新になります(夫は3月いっぱいの契約)

が。

4月から雇用される人が減らされると聞いて、ドキドキ(汗)

コロナ不況の影響ではなく、どうやら予算縮小のためで
改めてまた違う職場を探すことも検討しはじめました。

スポンサーリンク

身軽な暮らしだと変化に対応しやすい

聞いた話によると、6人採用されていた枠が4人になるそうで、
夫も50代なので・・・ 心配になりましたが。

無事に、春からも契約更新されることに

ただ、3年後にはさらに人員削減があるということなので
この時には違う職場を探していこうという話になりました。

来年も、一年ごとに不安定なので・・・(苦笑)

やっぱり身軽でコンパクトな暮らしにしておかないと
変化に対応しづらいなと痛感しています。

まだ長引きそうなコロナ不況の中であったとしてもそれでも前向きに生活できているのは・・・暮らしのダウンサイジングの効果が大きかったか...

大手でも、リストラやボーナス削減の影響がある中で
ずっと同じ収入が確定してあるわけではないということ。

コロナのことも含めて、改めて考えさせられます。

いまうまくっていること
明日には、来月には立ち行かなくなっているのかも

不安定な状況、不況の影響は、暮らしを見直していく
大きなキッカケになることは、間違いありません。

分散して複数の収入を持つことでリスクを抑えていきます

わが家の場合は、私の個人事業の収入と・・
夫の収入と、今後は運用資産からの収入とで。

分散しながら、リスクを抑えていく予定です。

もう3~5年もすれば、資産運用からの収入で
生活費の半分を補えるようになっていくでしょう。

私たちが年金を受け取る年齢は・・・いつになる?というのがなかなか見えない時代になってきています(汗)そして、もらえても年金額は減っ...

収入源を複数持っておくことで、リスクを抑えつつ
暮らし自体はなるべくミニマムにして生活していく。

やっぱりいきつくところは、ここ(笑)

それでも・・・
資産がだいぶ増えてきたことで、取り崩しの4%ルール
もし夫の仕事がダメになっても、これで補えば大丈夫かなとか。

毎月コツコツ積立投資をしていると・・・相場が上昇したときには、一気に資産が増えます。私も、これを何度か経験してきました。低...

不安なことがあっても、以前よりも追いつめられることなく
物事を楽観視できるようになってきたかなと感じています。

”3年後には、夫婦で生活費の半分を補えればいい”

ひとり月8万円なら、なんとかなる!

こう考えて、運用からの収入も働き手にしていくことで
今後とも、変化する環境に合わせて対応していきます。

ではでは。

スポンサーリンク

▽ランキングに参加しています▽
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

▽参加トラコミュ▽
少ないモノで暮らす
持たない暮らし
シンプルで豊かな暮らし

合わせて読みたい

この記事をお届けした
持たない暮らし、使い切る暮らし。の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Instagram