洋服は、枚数が多くても意味がない。

自分の息子たちを見ていると・・・
「多くの洋服はいらない。」
ということに改めて気づかされるんです。

本当に気に入っていよる服なら、毎日だって着たい。

着心地がよいことが大事。
そうでないものは、着ない。

洋服の枚数を、彼らが気にしているところなんて
見たこともないんですから(笑)

スポンサーリンク

洋服が多いことには、意味がない

それなりに洋服は持っていないといけない。

なんだか、そんな常識にとらわれていませんか?

私も・・
昔はそんな風に思っていましたが。

じっさいには、沢山もっていても着る服がないと探し
ドンドン増やしていくような日々
で。

最近では息子たちのシンプルな姿勢に共感し
定番の色・素材・着心地を重視したモノしか持っていません。

本当にミニマムにいうのなら
トップスは3枚、パンツは2本でいい。

極端な話、毎日きたいと思う洋服なら、
それが最低限の基準で十分なんです。

お気に入りを、着尽くすという選択へ

「毎日、まんべんなく着ればいい。」

そう思っていたとしても・・・
じっさいに手に取る洋服って、決まっていますよね?

なんとなく、着ていてしっくりくる。
ついつい履き心地がよくて、そればかり選ぶ。

つまり、それがあなたの定番なんです。
逆に今週に一度でも着ていない洋服はそうでないということ。

わが家の場合は、このお気に入りだけを持つようにし
それをシーズンでしっかり着尽くすようにしています。

どれだけ見た目がかわいくても、
なんとなく着ない洋服は、定番になることはないんですから。

子どものシンプルさを、見習ってみよう

長男は着心地優先で
次男は、自分の好きなデザイン優先で洋服を選びます。

逆にそれ以外は、欲しがらないし
持ちたいとも一切いいません。

これだけをこちらが気を付けていたら、
少ない枚数でも、満足してきてくれるようになりました^^

なんとなくの違和感を、子どもは受け付けないということ。

でも、大人はもったいないとか・・・
少なすぎては・・・という常識にしばられているんでしょう。

ほんとうはもっと、シンプルでいい。

このことを学びながら、
私もミニマムを基準に、洋服をまわしていきたいなと思います。

ではでは。

スポンサーリンク

▽ランキングに参加しています▽
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

▽参加トラコミュ▽
少ないモノで暮らす
持たない暮らし
シンプルで豊かな暮らし

合わせて読みたい

この記事をお届けした
持たない暮らし、使い切る暮らし。の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Instagram