とにかく逃げて・・・そこから作戦を練る感じです。

私たちが沖縄から関西に戻ることを決断したのは
今後の行動制限をふまえてのことです。

とにかく、陸続きの地域にいかないことには
身内のそばにいくことすらできない事態になるので。

先週の金曜日・・・仕事から帰ってきた夫と引っ越しの話し合いをしました。理想は、3月に移動することでしたが。これから11月か...

いままで続けていた仕事も辞めて。

そこまでする?と思う方も多いことでしょう・・・でも
メールでやりとりしている読者さんの中にも

仕事よりも、命をとっている方もいます。

いまの私たちに、立ち向かうチカラはありません。
ですから、まずは逃げること。

そこから夫婦で作戦を練るつもりです。

スポンサーリンク

逃げられるのなら・・いまは逃げるしかありません

基本的に、まだ義務でも強制でもありませんが
暗黙の了解のように、大きな職場ほどすすめられていますよね?

これに関しては、弁護士さんを頼ってみてください。

大阪 木原功仁哉 弁護士

で検索すると、色んな対処法を紹介されています。

(567に関する法律の無料相談もスタートされています)

それでも、立場的に・・・
と思われるのあれば、ここは自分で決断するしかありません。

何が一番大切か?

海外では公務員、病院関係の方が次々と辞職していくなかで
社会的な機能は、動かなくなってきているようですね。

それくらい、体に入れたくない。

大きな意思のあらわれだと思いますよ。

読者の方では、長年勤めていた安定した職を辞する方もいて
私たちの覚悟よりも、より強い気持ちが伝わってきています。

逃げられる間は、断って逃げる。

私たちも、そうやって現状を乗り切っていくつもりです。

引っ越し先で落ち着いてから今後の状況を見て作戦を練る

今後は、強制になるかどうか・・・まだわかりませんが。

その可能性は十分あります。

しかも、永続的に(子供もふくめて)

どうすれば避けられるか?といえば
結局は、ひとりひとりが立ち上がって抗議するしかないんですよ。

ですから、SNSやブログをお持ちの方に関しては
同じように勇気を出していただけると、心強いです^^

私たちも、引っ越ししてから今後の動きをみつつ
作戦を練っていきたいなと思っています。

これからどうなるか

という受け身では、正直生き延びていけるかわかりません。

これから自分たちがどうするか

この姿勢に、ひとりひとりが変わっていかない限り
何も変わらず、淡々とすすめられてしまうことでしょう。

どこかいつも他人事だった世の中のことを
子どもたちにそのまま残していいのかどうか?

守りたいのは、他でもないわが子だと思います。

私も、息子たちを守りたい。

ただそれだけです。

まだ子供を残していくことはできませんから
逃げて、そして対策をひとつずつ検討していこうと思います。

ではでは。

スポンサーリンク

▽ランキングに参加しています▽
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

▽参加トラコミュ▽
少ないモノで暮らす
持たない暮らし
シンプルで豊かな暮らし

合わせて読みたい

この記事をお届けした
持たない暮らし、使い切る暮らし。の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Instagram