自分が休んでいてもお金は働き続けてくれる。

20代前半で、設計事務所で働いていたころは・・
ほぼ徹夜しても次の日にも、疲れなし!

でも、40代に入るとまったく違います(汗)

眠ることがとても大切で(切実に)
20代ほど、集中力も長持ちしなくなっています。

ずっと若い頃のようなペースで働いて
ずっと休みなく動き続けることは、難しい。

だからこそ、いま私より年下のあなたへ。
手元にストック収入を増やしていきましょう。

年齢を重ねたら、自分を支えてくれる存在になりますよ。

スポンサーリンク

年齢を重ねるほどに支えになるストック収入を育てる

私が資産運用をするようになってからは・・・
世の中には2種類の収入があることを、知るようになりました。

・フロー収入(労働で得るお金)
・ストック収入(資産運用で得るお金)

上昇志向がある若い頃はフロー収入だけでも
一生働き続けられるような気がします。

ですが、いまの日本で・・・労働だけの収入で
定年までの雇用が守られるかどうか、もうわかりません。

収入は右肩上がりに増えない。
途中で転職する可能性だって高い。

途中で、仕事を半年なり一年休みたいときだってありますよね?

そんなときに備えて。

投資でコツコツと資産を積み上げていきながら
ストック収入を年齢と共に増えるようにしておくこと。

”自分が休んでいてもお金が代わりに働いてくれる”

これが、ストック収入を持つメリットです。

夫は50代、自分は40代になりまして・・
しみじみ、ストック収入のありがたさをかみしめていますよ^^

27歳から積立してきたセゾン投信の資産は、2千万円以上に!
ここからのストック収入だけでも、年100万以上ありますよ。

収入を上げるよりも資産が増える方が早くなっていく

ある程度の資産が手元に育っていくと・・・
自分が労働を増やすよりも、資産の増え方の方が早くなります。

これは、いま本当に実感していること。

コロナ禍で収入が一時的に減った年であっても
運用のおかげで、資産は大きく増えました。

今年、個人事業主である私の方は・・・コロナの影響を受けて、収入がダウンしました。が。年末になりマネーフォワードのアプリで管...

もう2、3万。

月に5万円の収入が欲しい思ったのなら・・・?
私たちは、労働時間を増やすでしょう。

ですが、海外ではすでに
運用することで所得を増やす流れになってきています。

ここ10年で、どれくらい月のお給料が上がりましたか?10万円? 5万円?年に一度、昇給があったとしても それほど上がった...

特に、日本では所得が上がらないことが当たり前になっているので。

ストック収入を増やしていくという方向へ
頭を切り替えていくことの必要性を感じています。

積立貯金のようにスタートし時間をかけて大きく育てよう

私がやっている積立投資は、月に2~3万からスタート
15年弱かけて資産を大きく育ててきました。

時間をしっかりかけてあげることができれば
途中から複利のチカラで自動的に増え方も大きくなります。

しかも、休みなく。

年齢を重ねたら私たちは、イヤでも衰えていきますが
資産運用は、その逆だと思ってください。

「はー・・・疲れやすくなったなぁ。」ふと、子育てや家事、仕事に追われていると イヤでも年齢を重ねていることを感じますよね?...

時間をかければかけるほど、強くなる。

だから、若いうちからコツコツと積み上げておいて
年齢を重ねた自分を支えてくれるようになっていくんです。

若い時と同じような働き方は、長く続かない。

代わりに働いてくれる、資産からのストック収入を
今後は増やしていくことを考えていきましょう。

詳しくは→長期投資のセゾン投信

私たちは、これからさらに働き方をスローにして
人生後半は趣味に時間をかけていくつもりです。

休む分は、資産がフォローしてくれる。

そんなストック収入を、あなたも作ってみませんか?

スポンサーリンク

▽ランキングに参加しています▽
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

▽参加トラコミュ▽
少ないモノで暮らす
持たない暮らし
シンプルで豊かな暮らし

合わせて読みたい

この記事をお届けした
持たない暮らし、使い切る暮らし。の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Instagram