老けて見える色の服は手放していく。

年齢を重ねてから、以前は違和感なく着ていた洋服でも
なんとなく・・・違うなと思うことが増えます。

同世代の友達も「いまは何を着ていいかわからない」
洋服選びに困っているようですが。

これが、年齢を重ねるということで。

着る洋服によって、老けて見えることも増えてきました。

最近は、こういった洋服はすべて手放しています。

スポンサーリンク

老けて見える洋服は潔く手放していこう

着たい服
似合う服は違います。

このことを、いつもハッキリ伝えてくれるのが夫ですね(笑)

「それは老けて見える」とか
「それはいいな」とか

こちらが傷つくことを気にせず、教えてくれます。

やはり身内だからこそ。

ときには傷つきながらも、こういった意見を参考にすることで
洋服も、以前より買いやすくなりました^^

肌色などで違いがあると思いますが。

私のタブーは、ベージュ系で・・・
自分でも鏡を見ると、老けて感じるので店頭でも手に取りません。

ベージュを買うのなら、ライトグレーにするかな?

もしくは、白を必ず選ぶようにすることで
後々、タンスの肥やしにしない対策を取るようにしています。

最近は、白か青系ばっかり。

自分の肌色に合うようで、これだと顔が明るく見えます。

30代後半からは似合う色を見直していきましょう

自分の骨格に合う洋服のデザインも、もちろんありますが。

30代後半から気にするべきは色です!

私も、友達に洋服を合わせている時に意見を聞きますが・・・
なかなか本音は言えないと思うんですよ。

「それ、老けて見えるよ」って・・・私も言いづらい(汗)

これは、お互い様で。

だからこそ、できれば旦那さんの意見を聞いてみて下さい。

わが家の夫は、私が老けて見えるときにはズバズバ言うので
いまの自分に合う色がよくわかるようになりましたから(苦笑)

逆に、夫はカーキ色が老けて見えるので・・

「おじさんが、もっとおじさんになるからダメ」
私もハッキリ言うようにしていますよ。

夫は意外に赤がよく似合うので
赤、ネイビー、白を買うことが多いですね。

若い時はお互いに何色でも気にはしませんでしたが、
やはり似合う色、顔色が明るく見える色は変わります。

なんとなく、手に取っては収納に戻しているのなら
ぜひ、色選びを考えてみて下さい^^

枚数が少ないからこそ色選びは慎重にいこう

若い時にはひかれることのなかった色合いでも
年齢と共に、手に取るようになる色もあります。

私は紫系が、最近好きです(薄めの)

ただ、黒色はやはり手に取ることはありませんし。

クローゼットをあけたときに、いま・・・あなたの手元には黒い洋服は何枚ありますか?ちなみに、私は喪服以外は持っていません。理由は、黒色はあま...

運気の面を考慮して、以前よりは明るめの色合いを選び
迷ったら間違いのない白にしています。

白は、外れなし!

自分が手に取る洋服で、ついつい暗めを選びがちだと
気分的に下がっているのかもしれません。

洋服は、明るい色を着ると気分もあがります。

モデルの方は、ナチュラルな色合いを着こなしていても
実際に自分にそれが合うとは限りません。

まずは自分に合う色、そして気分を下げない色を吟味し
一枚一枚、クローゼットの中に入れるようにしておきましょう。

少ないからこそ、慎重に。

これからも色選びには気を付けたいなと思います。

ではでは。

スポンサーリンク

▽ランキングに参加しています▽
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

▽参加トラコミュ▽
少ないモノで暮らす
持たない暮らし
シンプルで豊かな暮らし

合わせて読みたい

この記事をお届けした
持たない暮らし、使い切る暮らし。の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Instagram