投資元本には、手を出さない。

投資信託で積立投資を続けて、13年目へ。

まずは資産を増やすことを中心に考えて運用してきましたが、
最近は、どう使っていくかも考えるようになりました。

子どもたちは食べ盛りを迎え(ビックリするくらい 笑)
習い事も増え、節目ごとに出費もあるでしょう。

もし手元の預金で足りないときには、運用資産を使っていきます^^

私は、投資元本には手を出しません!

出すのは、利益が生んだ利益からです。

スポンサーリンク

含み益がうんでくれたお金を引き出していく

投資資産が育つまでには、我慢が必要です。

私も・・・10年は待ちました!

待っている中で、うまれた含み益が現在は750万ほどあるので
この利益が生み出したお金を、必要なときに使っていきます。

元本には、手をつけない。

もう2~3年もすれば、含み益も1千万円をこえていきそうなので
そうすると、年5%のリターンなら・・・約50万円ほど。

必要なときに引き出してもいい、と考えるようになりました。

家計の中でやりくりできるのなら、それでいいわけですが。
うまく使っていく方法も考えておくと、気がラク^^

投資の勉強をしていくなかで

まずはニワトリが卵をうむのを待ちなさい。
そして、その卵がニワトリになって・・・卵をうんだらそれを食べる。

そこまでは、ひたすら我慢するというルール。

一応、守ってきましたよ(笑)

長期積立投資のすごいところって、ここなんですよ。

複利の効果で、お金がドンドン生まれていくこと。
この段階に入っていくと、一気にラクになっていきますから。

6年前、沖縄に移住してきたときには・・・無収入でしたが、心配することなく過ごせました。それは、貯金をしていたから。一年間は...

これが投資信託の強みだと思っています。

含み益が運用されていくという仕組みがすごい

私は、外貨や株に投資をしていたことがあるんですが。

これらの含み益って・・・
利益が確定されない限りは、利益のままでしかありませんでした。

(分配金や金利などは引き出せますが)

でも、投資信託は違います。

含み益も運用されていく仕組みになっているので、
リターンが倍増していく感覚を、ここ最近は感じていますよ。

もちろん、デメリットはあります。

ここまで来るのに・・・ やっぱり時間がかかること!

それまでじっくりと待ち続けることで、
私たちは果実を受け取れるようになっていくということ。

出だしは、すごくスロースタート(笑)

でも、後半戦はかなり強い。

これが投信で作っていく、運用資産の魅力でしょう。

じわりじわり強くなっていく感覚を味わっていきましょう

株式投資で、数年で資産を倍にしている方もいて・・・
買付したり、売ってみたりと。

自分がやっている投資方法との違いを感じることもあります。

でも、私は自分の欠点がよくわかっています。

この方法は、自分は長くやっていけません(キッパリ 笑)

そのかわり、複利の効果をうまく使える運用方法
じわりじわり、強くなっていく資産を育てていくこと。

毎月、コツコツと定額で買い付けしていく投資信託・・・ ハッキリいって地味です(笑)勇気をだしてスタートしたものの・・・ なんだか...

これを、今後も変わらず続けていきますよ^^

運用し続けて、20~30年で増え方が変わるそうなので
どんな風になるか、気長に待ちましょう。

詳しくは→長期投資のセゾン投信

元本には手を出さず。

うまれてきた卵が、しっかり手元で育つまで。
気長に、じっくりじっくりと運用していきたいなと思います。

ではでは。

スポンサーリンク

▽ランキングに参加しています▽
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

▽参加トラコミュ▽
少ないモノで暮らす
持たない暮らし
シンプルで豊かな暮らし

合わせて読みたい

この記事をお届けした
持たない暮らし、使い切る暮らし。の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Instagram