なぜ、投資をするのか?その理由が・・・圧倒的でした。

なぜ、投資をしようと思うのか?
なぜ、投資をしているのか?

その理由は、”退職後の資金のため”

じつは、こういう人が圧倒的に多いんです。

セミリタイアするとか
いまの時点で働かないため・・という人は、ごくわずか。

みんな退職後のことを考えて行動しているんですね。

スポンサーリンク

圧倒的に多いのは、退職後の資金確保です!

私自身、投資のセミナーに参加していくことで、
その理由について、知る機会を持つようになりました。

・退職後の資金を準備するために運用をしている
・退職後も資産寿命を延ばすために運用をする

どうでしょうか。

やはり同じように、不安を感じている人も多いはず。

それもそのはずですよね。

最近では、この話題が問題になり・・・

昨日、ネットニュースを見ていたら・・・「専業主婦の年金半額案」という記事が目に飛び込みました。え?!第3号については共稼ぎ...

その上に、年金までに準備しておく資金として
金融庁が”2000万円”という金額を出してきました。

今後30年の人生があるとすれば、単純計算で2000万円が必要と試算した。その上で公的年金が「老後の収入の柱であり続けることは間違いない」としながらも、支出の再点検や保有資産を活用した資産運用などで、資産寿命を延ばす取り組みが必要とした。

サンケイビズより

すなわち、2000万円を運用などで準備し、
取り崩しながら、増やしていく仕組みを作りなさい。

そんなメッセージであるということですね。

”足りない分は、自分たちで準備する”

そのメッセージが、ドンドン強くなってきていることを感じます。

とにかく早くはじめることで、準備していくこと

いきなり2000万円ときくと・・後ずさりしますが、
少額からでも早くはじめることで、準備していくこと。

たとえば、65歳までに準備していくのなら・・・

35歳から、月2万円で年6%の利回りの投信を選び
コツコツと積立投資していくこと。

そうすれば、30年後には元本720万約1,958万円にまで
増えている可能性があります。

これが月3万円なら、約3000万円へ。

退職金が期待できなくても
年金では足りなくても

こうやって自助努力をしていくことで、備えていく。

そう考えて、私も年6%の利回りが期待できるような
信頼できる投信で運用するようになりました。

お金を育てていく場所は、この2つしかない!

上記の利益を見ると、なかなかすごい金額ですよね?

でも、これをそのまま受け取ってしまうと・・・
約2割も税金が取られてしまいます(笑)

250~400万円を、税金でとられるのはキツイ。

だからこそ、金融庁が準備してくれたのが

イデコと、つみたてNISAです!

将来的なお金の不安のことを考えて、毎月少しずつ貯金している方も多いかと思います。よく利用されるのは、積立貯金ですよね?毎月...

お金を育てていく場所として、この二つを利用し、
時間をかけて、資産を準備していくこと。

私のイデコは、SBI証券の確定拠出年金プラン
つみたてNISAは、セゾン投信を活用しています。

金融庁も、ただ足りませんと伝えるわけではなくて
私たちが取り組みやすい環境を整えてくれています。

それを、しっかり使っていくこと。

みんな同じように不安を抱えているからこそ、
将来のために、しっかりと行動を起こしていく。

これからも、忘れずに取り組んでいきたいと思います。

ではでは。