〇〇を使えば、ほぼノーリスクで資産形成ができる。

同じ金額を毎月積立していても・・・・
10年以上たったときに、やり方次第で大きく差がつくことがあります。

それは、複利という投資にかかせない仕組みをつかうことの他に
じつはもうひとつ強力な武器があるんです。

それは・・・
「節税」というテクニックを組み入れること。

スポンサーリンク

「節税」を使えば、ほぼノーリスクで資産形成ができる

私たち夫婦が会社員であるときには、
経理のかたが、すべてお金のことを管理してくれました。

年末調整に保険の控除用紙を提出し・・・
あとは、おまかせ。

それは一見ラクなことなんですが、
何も考えないことで、失ってしまっている考え方
があります。

「引かれるものは、仕方がない。」
と、思い込んでいませんか?

じつは、お得な節税制度をつかえば、
手取りの額を増やせるという方法があること。

お給料からそのまま引かれる金額に意識をもたなければ
はっきりいって、引かれっぱなしです。

でも、ここに意識を向けることができれば
節税を使い、ほぼノーリスクで資産形成することができるようになります。

同じ積み立て金額でも、30年でこの差がうまれる

たとえば、いま広がっている確定拠出(イデコ)のこと。

もし30年間、月に2万円ずつ積み立てをしていったら・・・
合計で720万円になります。

普通に積み立てしたら、これで終わり。

でも、イデコを使えばこう変わります。

いま20%の所得税を支払っているのなら、
住民税とあわせて、約30%分の税金が戻ってくるので・・・
約216万円を税金で取り戻すことができます。

年間にすると、約72,000円!

イデコは、株などの金曜商品だけだとスルーしている人もいるかもしれませんが、
保険や円でも運用できるので、リスクを取らず、
節税だけしっかりと行うことができる
んです。

関連記事です。
旦那もビックリ!確定拠出年金のすごいメリットとは?

リスク?といえば、
60歳まで引き出しできないことでしょう。

投資が怖いなら、まずは節税できる金融商品から

投資=怖い(リスクがある)

この図式をどうしても壊せないのなら、
まずは節税で取り戻せるような方法を使ってみましょう。

イデコは、まさにそれにピッタリで
どの投資先を調べても、節税を使える点で大きなメリットがあるんです。

確かに、60歳になるまでは引き出せません。

でもどちらにしても、将来の為にお金を貯めたいのなら
まずはここを選ぶことが大切だと感じるようになりました。

もちろん、複利も大切ですよ!

関連記事です。
たとえば月に1万円を積立投資したら、どうなっていくの?

むしろ、節税と合わせることで
いままでの中でも最強の金融商品になる
のではないでしょうか?

これからもっともっと広がりを見せて欲しい。

そう応援したくなる、すばらしいシステム。

我が家はここで運用中→SBI証券の確定拠出年金プラン

知れば知るほど好きになる。
それが、イデコの大きな魅力ですね^^

10年先、大きな節税と複利の効果で資産が増えるように
楽しみながら運用していきたいと思います。

ではでは。

スポンサーリンク

▽ランキングに参加しています▽
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

▽参加トラコミュ▽
少ないモノで暮らす
持たない暮らし
シンプルで豊かな暮らし

合わせて読みたい

この記事をお届けした
持たない暮らし、使い切る暮らし。の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Instagram