ここまで節税できるイデコはすごい!確定申告のときにはメリットの大きさを再確認しています。

確定申告のシーズンに入ると・・・
あらためてイデコの節税効果の高さを感じるんです。

掛け金は全額所得控除になる。

これをやっているだけでも
所得税を毎年へらすことができる・・・自分だけの年金制度。

もう、はじめていますか?

スポンサーリンク

イデコの高い節税効果を活かし、老後にそなえる

ちなみに私は個人事業主なので
帳簿から確定申告まですべてやっています。

会社員時代には、気にもしませんでしたが・・・

うまく活かせば、節税できる方法ってあるんだなー
申告することでわかることがかなり増えました。

この2年ほどで一番の衝撃だったのはイデコ!

ええ。
もうダントツにイデコはすごい!(笑)

掛け金が全額所得控除になるので
老後資金を準備しながら、高い節税効果も受けとることができるんです。

たとえば、年収400万円の会社員のかたなら・・・
毎月の掛け金2万3千円払い続けると、節税額は年間で83,950円にも!
(掛け金は月5千円から)

10年つづけると約83万
20年つづけると約167万
30年つづけると約251万

(イデコ口座を参考にシュミレーション→SBI証券の確定拠出年金プラン

ここまで節税できるって、すごいことですよね?

老後資金は・・・年金も目減りして足りなくなっていきますから、
こういった制度をうまく使うことで、メリットは大きくなるんです。

申告だけは、忘れないようにしましょう

去年から旦那もスタートしていますが、
年末調整にて「小規模企業共済等掛金控除」の部分に
記入するだけでOKでした!

確定申告の必要がないサラリーマンの方なら
手間が格段にへってきています。

ここで申告しない場合(個人事業主など)は、
確定申告でも大丈夫ですよ~。

でも、自分でやらないと控除はされないので
わすれないようにしてくださいね^^

ちなみにパート収入の方も
うまく活かすことで、節税のメリットが受け取れます。

関連記事です。
103万円の壁をうまく利用し、イデコで節税する方法とは?

こういった制度って
やらない人の方が圧倒的に多いんです。

それはなぜか?

自分からやることが面倒だから(笑)

そしてチャンスを逃してしまうことになってしまうので
本当にもったいないんです。

イデコは、国が私たちに用意してくれた
自分年金を有利につくる、最大の節税効果のある制度です。

関連記事です。
なぜこんなにイデコがおすすめされているの?

夫婦でのイデコ口座はこちら→SBI証券

これは、使った方がいい。
しみじみ感じています^^

わが家は夫婦で活用しながら、節税を上手に使い
これからもしっかりと資産形成していきたいなと思います。

ではでは。

スポンサーリンク

▽ランキングに参加しています▽
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ  

▽参加トラコミュ▽
少ないモノで暮らす
持たない暮らし
シンプルで豊かな暮らし

合わせて読みたい

この記事をお届けした
持たない暮らし、使い切る暮らし。の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローお願いします