17兆円が消える?データがなくなればお金はどこにいくんだろうか。

この前、オーストラリアで衝撃的なことがありました。

2024年4月下旬に、Googleが誤ってオーストラリアの年金基金UniSuperのGoogle Cloudアカウントを削除してしまったと報じました。年金の総額は日本円にしておよそ17兆2500億円。お金を預けている62万人が1週間以上も自分の口座にアクセスできない状況が続いたそうです。

しかも、バックアップも消してしまっていたそうで
何とか違うサーバーのデーターで復旧したそうですが。

こう、いとも簡単に17兆円が消えそうになるなんて・・・

デジタル時代の弱点を見た気がします。

私たちの資産はほぼデータで管理されていて
もしかすると実体がないのでは?と思うことがあります。

預金
株式
年金

すべて結局はデータ上であるのであれば
いつ起こってもおかしくないのかもしれません。

スポンサーリンク

世界的に有名なサービスで致命的なミスが行われてしまう

株式相場が好調なこともありますから
口座を見てホクホクしている方も多いことでしょう。

(まあ、よくここまで持ったなと思っていますが)

私の資産は、ここまで増えたんだなって・・・
数字を見て思うわけですよね?

でも

預けている証券会社のデータにトラブルがあったら
その資産はどこに行ってしまうのでしょうか

サイバー攻撃、システムトラブルなど。

色んな障害を見ていても、データ上の数字の儚さ
色々と考えさせられることがありますよ。

最近は、ほぼキャッシュレスでの支払いが増えているけれど
少し障害が起これば・・・すぐに使用不可になりますよね?

災害があったときには、なおさらでしょう。

私もネット上の資産を見ては喜んでいましたが
・・・もはや手で触れないものには、不安しかありません。

”自分の手元にある”

危ないようで、この時代はこれが一番ではないのか
相次ぐシステムトラブルを見て感じています。

去年の年末からのことになりますが・・・コツコツと続けてきたのは、ペーパー資産の整理です。ペーパー資産とは?預金、証券、債券...

預けている先が”引出しできません”と言われたらアウト。

私たちにはどうすることもできないのが現状です。

データ上の資産は便利なようで弱いことを考えてリスク管理する

お金は便利なものですが・・・

それはです。

災害や食料不足が起こったとしても食べられない
口座内の数字が増えても、引き出さない限り架空のもの。

少しだけ視点を変えていくことで
リスク管理できるようになっていくのではないでしょうか?

世界的な知名度を誇るようなサービス
こんな致命的なミスがあったわけです。

日本では起こらない、と断言できるでしょうか。

・・・・最近、システム障害多いですよね・・・

昨年から、みずほ銀行のシステム障害などが起こり始めて少しずつ・・・・2024年の新円切り替えについて警戒してきました。まあ、陰謀論...

なんて

こういうこともイメージしながら生活しています。

デジタル管理は便利なようで
実際にはこちらから管理できないシステムであること。

引き出せないときは、閉じ込められること。

自分のお金なのに、管理されていること。

このことに気づくと、現物資産の大切さなどが
よくわかるようになっていくでしょう。

グリコもシステム障害だけで、いつまで製造中止になり
どれだけの損害を受けるのでしょうか?

データ上の資産は弱い。

これが少しずつ表面化してきているように思えます。

本当に気を付けましょう。
大切に育てたお金が、一瞬で消えることのないように・・・

リスク分散することを考えて行動しています。

ではでは。

スポンサーリンク

▽ランキングに参加しています▽
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

▽参加トラコミュ▽
少ないモノで暮らす
持たない暮らし
シンプルで豊かな暮らし

合わせて読みたい

この記事をお届けした
持たない暮らし、使い切る暮らし。の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!