人数や料理に合わせて選べる!北陸アルミのフライパンに切り替えました。

いま、手持ちのフライパンと鍋は3つだけ。

かなりヘビロテしていることもあり、
テフロン加工のフライパンは、一年でダメになることも。

仕方がないかなと思っていましたが、
耐久性が高いと人気の北陸アルミに切り替えてみました。

使い始めから、かなり使いやすく気に入っています。

こちらのフライパン・・・全14サイズもありますから
家族の人数や料理の用途にピッタリ合うんです。

スポンサーリンク

テフロン加工の耐久性で人気の北陸アルミのフライパン

去年までは、長くティファールのセットを使っていましたが、
家族が成長してくると・・・微妙にサイズが違うことになりまして。

フライパンは大きすぎて、深鍋の容量が小さいこともあり
最近は、ひとつひとつ欲しいサイズに合わせて購入しています。

その方が、ムダなし!

何よりも、取っ手が取れるのが便利なはずが・・・
それが故障することも多かったことも、原因のひとつ。

私は、フライパンなら目玉焼きや餃子に。
深鍋は、カレー、炒飯、揚げ物、蒸し物、炒め物に使っています。

北陸アルミ フライパンは26cmで。

このサイズで、目玉焼きが4個キレイに焼けます。

餃子も、4人分を2回に分けて焼けるくらいで丁度いい。
あまりに大きいと、オムライスも作れないので困っていました(笑)

いため鍋は28cmで。

炒め物から、煮物まで幅広くひとつでこなしてもらっています。

これくらいの深さがあると、多用途に使えますよ。

みるからに、しっかりとした作りということもわかり、
テフロンもいままでのフライパンより長持ちしそう!

ほぼ毎日使うので、これからの耐久性が楽しみですね。

作りも、値段のわりに高見えするフライパン。

ティファールは、重ねられるというメリットはありましたが
取り出しづらさもあったことから、いまは掛ける収納へ。

コンロ近くですぐに手に取れることから、使いやすくなっています。

深さがあるフライパンなので食べ盛りの家族にもピッタリですよ

こちらのフライパンシリーズは、通常のものより深さがあります。

ですから、量が多めの食べ盛り家族にピッタリ!

いため鍋も、30センチまでサイズがあることから
もう少し量が増えたら、そちらに買い換えていきます。

全14サイズ!

豊富なサイズバリエーションがそろっているので
人数や、使う料理に合わせて選べますよ。

詳しくは→北陸アルミ フライパン 26cm [ガス火専用] テフロン加工

北陸アルミ IH対応はこちらから

この2つのフライパンと、いまは片手鍋で
日常の料理はすべてこなしています。

北陸アルミの玉子焼も、気になっているので・・・
こちらも購入を検討中^^

軽くて、長持ちすると評判なフライパンなので
毎日の料理に、しっかり使っていきたいと思います。

ではでは。

スポンサーリンク

▽ランキングに参加しています▽
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

▽参加トラコミュ▽
少ないモノで暮らす
持たない暮らし
シンプルで豊かな暮らし

合わせて読みたい

この記事をお届けした
持たない暮らし、使い切る暮らし。の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Instagram