今年から言い訳は、しません。

お正月、11歳の長男と真剣に仕事の話をしていました。

彫金の世界で働いていきたいと思っているのですが・・・
いまの段階で、なかなか思うようにはいかないようで。

こんなときには、まずは目標をノートに書くこと。

そして、実現したい時期を自分で書き込んだら
いまできることを逆算して取り組んでいこう、と決めました。

「具体的に決めないと、時間はドンドン過ぎていくよ」

これは親として、身に染みて感じていることです。

時間は、あっという間。
だからこそ、日々の行動の積み重ねが大切だということ。

スポンサーリンク

自分との小さな約束を守りながら積み重ねていく

子供に話しながら、自分でしみじみ感じているんです。

ひとって、何か自分で決めごとをしないと・・・
ついついラクな方に流されてしまうということ。

いま51歳の夫は、毎年ひとつずつ新しいことにチャレンジして
やりたいことを実現していますが。

自分で、何か決めないと時間だけが過ぎていきます。

40歳になると、本当にこれは・・・痛感しますよね(汗)

私自身は、マンガを描いてみたいと思ったので
年内の完成を目標に、コミックエッセイの8コマをかきためています。

電子書籍で80~100ページ作ろうと思うのなら・・・?

”一週間に最低2ページは描いていく”

目標から逆算して、今日取り組むべきことをやっていく。
この小さな自分との約束を、積み重ねているんです。

とりあえず、マンガ用のCLIP STUDIO PAINT EX
去年の年末まで使えるようになったらな・・・と、思っていましたが。

年末までに、20ページ作成することができました^^

自分との約束のハードルは低くしつつ・・
小さな達成感を持ちながら、取り組んでいますよ。

最初はヘタでいい!まずは自分の手を動かしましょう

文章や絵を描きたい、と思ったとき。

プロの方を参考にするはずですが、それは参考程度に。
素人の私たちが、同レベルまで求めてしまうと・・・

そこから、まったく動けなくなります。

いまは、そういう時代ではありません。

私たちは、好きなことを組み合わせて、かけ合わせて
オリジナルをつくって生み出していくのがベスト。

個人の方が、SNSなどを通じて

そこから仕事を生み出している人に共通しているのは
ありのままの自分を、出しているからだと感じています。

特別じゃないことが、いい。

いまそれが認められる時代になってきていますよ。

私も、好きなこと得意なことを組み合わせて
今後に生かせるように日々、考えるようにしています。

最初は、ヘタで当たり前^^

まずは手を動かしながら、上達していけばいいんですから。

言い訳をやめると・・行動に移せるようになっていく

長男と話し合ったときに
「お互いに、もう言い訳はやめよう」と、決めました。

言い訳は、何十個でも出せる自信があります(笑)

それよりも、実現していくためには
いま自分ができることは、何かを考えて行動していくこと。

この姿勢でいれば、必ず達成できるはず。

息子には
「お母さん、コミックエッセイを電子書籍で出すから」と。

宣言して、逃げられないようにしておきました(笑)

言い訳をやめたら、行動に移せるようになります。
長男も、以前にも増してやる気満々^^

「お母さん、どうせなら大きな夢を見ようよ」って
子どもながら、いい刺激をくれるんですよ。

言葉と行動を、常に前向きに。

小さなハードルを達成して、目標を実現できるように
お正月明けからも、コツコツかいていこうと思います。

ではでは。

スポンサーリンク

▽ランキングに参加しています▽
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

▽参加トラコミュ▽
少ないモノで暮らす
持たない暮らし
シンプルで豊かな暮らし

合わせて読みたい

この記事をお届けした
持たない暮らし、使い切る暮らし。の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Instagram