フリーランス(自営業)にとってお金は命綱です。

大手企業でも、コロナの影響が冬のボーナスから・・・
少しずつ影響が出始めているとニュースで流されていますが。

フリーランスは、直ですぐに影響がでます。

私は4月から、急に仕事に影響がでましたし(汗)

そして、こういったときにつくづく思うのは
フリーランスだからこそ、お金のことは真剣に考えておく。

これって必須だということですね。

スポンサーリンク

フリーランスこそお金の基本を押さえておく

私は、好きで個人で働くことを選んでいますから・・・
会社員とは違い、補償が少ないことは仕方がないと思っています。

事実・・・

このコロナでの賃金補償は?(子供がいて働けない場合)

フリーランスで一日4,100円
会社員の方で一日8,300円

と、半分だったことが話題になっていたそうですが。

これが、やはり実態なんです。

自由に働いているように周りから見られても
その分、自分で自分を守らなければいけない。

これがフリーランス(自営業)の宿命みたいなもの。

特に、今回のコロナ不況では強く感じたことからも
お金の基本は、しっかりやっておくべきだと感じています。

より、そう感じたので・・・
家計再生コンサルタントの横山さんの本を読んで、基本からおさらい中・・・

フリーランス、自営業の人は、ただでさえ弱い立場に立たされがちです。収入には波がありますし、いざというときに会社が守ってくれるサラリーマンと違い、退職金も社会保険も十分ではなく、病気やケガで働けなくなったら、たちまち生活に困ることになります。

ゼロからわかる! フリーランス、自営業のためのお金の超基本

自由なようで、弱い立場。

身に染みてわかるからこそ、お金のことはおろそかにできません。

フリーランスだからこそお金のスキルは必要です

私は、フリーランス歴が・・・14年ほど。

わりと長い方になるんですが、
常に、税やお金の知識はアップデートするようにしています。

本当に、それが必要な節税なのかどうか?

など。

横山さんが家計の面からアプローチしてくれているので
新しい視点が学べて、新鮮でした。

フリーランス(自営業)だからこそ、備えておくべき必要なライン。

こういったことを、誰かが教えてくれるわけではないので
基本から知っておいて、損なことはないでしょう。

サラリーマンのような手厚い補償はないけれど・・・
代わりに、用意されているお得な制度だってあります。

それを、うまく活用していく。

これから、ますます必要になっていくスキルだと感じています。

ゼロからわかる! フリーランス、自営業のためのお金の超基本
横山光昭(著)
楽天ブックスはこちら

いざという時に守ってくれるのは”備えたお金”になります

今年は、本当に収入に波があります。

フリーランスなら、そうなっている方も多いはずで
このことで、金銭的な不安を感じますよね?

こんなときには、国が支援してくれる制度もありましたが、
やはり長期的には、備えたお金が強みになっていきます。

フリーランス、自営業の人は、どうしても収入に波があります。何らかの事情で仕事がぽっかりとあき、収入が足りなくなったとき、助けになるのも、やはり貯金です。貯金は、フリーランス、自営業の人にとっての命綱なのです。

お金を備えておくって、本当に大事。

子どもがいると、なおさら感じますよ。

売上、経費、所得、節税。

知っておいて、損なことはひとつもなし!

会社員をしていたときには、税金のことなんて、何ひとつ考えなくて済みました。でも、フリーランスになって気づいたことは、税金を知るか、...

お金のことをしっかりしていくことは、ひとつの武器になるので
これからの波にも耐えられるように・・・

備えはコツコツと。

これからも続けてきたいなと思います。

ではでは。

スポンサーリンク

▽ランキングに参加しています▽
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

▽参加トラコミュ▽
少ないモノで暮らす
持たない暮らし
シンプルで豊かな暮らし

合わせて読みたい

この記事をお届けした
持たない暮らし、使い切る暮らし。の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Instagram