塾代や習い事にかけるお金を、投資にまわすという発想を持つ。

いま、どれくらい子供にお金をかけていますか?

こんなデータもありますが・・

小学生の習い事の平均月額は1.8万円程度。塾の費用は年間で50~100万円で、月額4~8万円強となります。

文部科学省のデータより

塾代と、習い事を合わせると・・・月に5万円!

かなりの金額を費やしている日本人ですが、
逆に、金融教育についてお金をかけている人は・・・

ほとんどいません。

こんな現状の中ですが。

わが家は、金融教育にお金をかけていきたい
年々感じるようになってきています。

スポンサーリンク

教育費に、一点集中しすぎないようにしたい

正直、最近の教育費って・・・
ビックリするくらい、高くなっていますよね?

中学受験する方も増えてきてはいますが、
その費用は300万円ともいわれていますし。

お金をかけても、無駄になってしまうというケースも
実際のところは・・あると思います。

わが家も、中学からは塾にいかせるつもりですが、
教育費に関しては、かけすぎません。

小さな頃から勉強ができて・・「この子はいい大学に行かせてあげたい!」と、思わないタイプは、わが家の息子たちで、基本的に勉強するより...

そのかわり、お金の教育を組み入れていく。

こちらに、投資をしていこうと考えています。

お金の教育にかけるお金とは?

・投資信託や株などのお金の運用
・お金に関する書籍
・セミナーに親子で参加して一緒に学ぶ

こういったことになります。

塾にはいかせるけれど、教育の一点集中にしない。

もともと、そこまで勉強が好きでない子なら
勉強以外でリターンを見込めるところに投資をする。

こういう方法も、あるなと思うようになりました。

中学からは、個別株をさせてもいいかもしれません。

子どもにかけるお金の一部をまわしていくことで、
違う面での高いリターンを目指していきます。

教育にリターンを見込めないのなら、発想を切り替える

以前、投資のセミナーに参加していたときには・・・

子どもにかける教育費の金額が大きすぎて
家計が追い込まれている方が増えていると聞きました。

それならば

「むしろ、その費用をお子さんの運用にまわしたらどうですか?」

と、提案されたことがありまして。

この考えをキッカケにして
セゾン投信のこども口座で積立をスタートしました。

わが家の息子たちには、この方がいいかも・・・と。

投信なら、スタートとして最適ですから。

いまなら、時間という最強の武器があります。

投資信託を続けていくようになると、こんな風に思うようになっていきませんか?「もっと早くはじめておきたかった」と。それもその...

これから投資をしっかりと極めていくことができれば
進学する以上のリターンもあるかもしれません。

どれだけお金をかけたとしても

思うような大学にいけない場合もありますし・・
その子自身が向いていないこともあります。

それならば、その分で金融教育を。

違う面から、アプローチしていこうと思っています。

中学生になったら投資のセミナーに一緒に参加します

投資のセミナーもだんだんと増えてきたので
これから息子の成長に合わせて、参加させていきます。

早いように感じますか?

ですが

じつは、世界の国々では
小学校から、株について学ぶようになっています。

日本では、考えられませんよね?

でも、これが世界の常識であるのであれば
教育のひとつとして組み入れていくことは自然なことです。

私も、習いたかった(笑)

このスタートの違いが、後々の資産形成に差をつけ、
私たちの行動が遅くなってしまう理由のひとつですから。

教育を一点集中しないこと。

違う角度から、子どもの収入を増やす方法を身に着け、
しっかりとしたリターンが得られるように。

お金の教育に、投資していこうと思います。

ではでは。

スポンサーリンク

▽ランキングに参加しています▽
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

▽参加トラコミュ▽
少ないモノで暮らす
持たない暮らし
シンプルで豊かな暮らし

合わせて読みたい

この記事をお届けした
持たない暮らし、使い切る暮らし。の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!