片づけから学んだ”片を付ける”ことの大切さ。

「夏休みの宿題はギリギリまでやらない。」
「お金は、あればあるだけ使ってしまう。」

こんな私が変われたのは、
片づけを通して、”物事に片を付ける”ことを学んだから。

いままで(過去)の自分に片をつけていく。

これが習慣化してできていくようになると、
暮らしは劇的に変わっていきます。

なぜなら、すべての問題を後回しにしないからです。

スポンサーリンク

片を付けると、一気に人生がラクになる!

結局のところ、片づかない・・・ということは、
その場その場で片をつけてこなかった結果なんです。

着ていない洋服をためこんでおいたり。
郵便物を、そのまま放置して・・積んだかになったり。

最初は、それほどの量ではないでしょう。

でも、数年間もすれば・・・
部屋はどうしようもない状態になってしまいますよね?

私もこれを何とか片づけ切りましたが、
この時に、”問題の先送りは、後々自分を苦しめる・・・”
ということを身に染みて学んだんです。

小さなことも、早めにその場で片をつけておく。

そうすれば、部屋はいつもスッキリしていますし、
いまの自分を苦しめることはありません。

結局は、いまラクをした分のツケは、いつか自分で払う。

そのツケは、時間がたてばたつほど、借金のように膨らむんです。

その場で片を付けると、ツケが利息に変わる

逆に、その場で片づけをすぐにするようになると、
いまの自分がドンドン楽になっていくんです。

子育てしていても、ゆとりが生まれる。
食事作りも、半調理があるので気分が楽!

少しずつの利息が、次のゆとりへつながっていく。

これが、片をつけた後にまっている生活なんです。

私は仕事も家事も、育児も。
すべて少し先回りして準備するようになりました。

そうすると、加速するように物事がスムーズになり、
いまの自分が負担を感じることが劇的に減っています。

ちいさな利息が、自分を助けてくれる。

これが片づけをやっておく、大きな魅力なんですね。

家族まで、先回りして動くようになりました

私がこうやって動くようになると、
自然に家族全員も先回りするようになっていきます。

家事で動かなかった旦那さんも、
「いまやっておくと、後が楽だから」と、テキパキしてくれるし。

小学生になる2人の息子たちは、休日前の宿題を、
いつも先にこなします。

理由は「先にやっておいたら、明日が楽だから!」と。

忙しい朝の時間帯も、積極的に動いてくれるので、
支度してから30分近く、兄弟で仲良く遊んでいるんです^^

自分が動くと、自然に家族も動いてくれる。

この流れも、やってみてよかったことのひとつですね。

小さなうちに、こまかく片を付けていこう!

片づけは、小さなことからやっておくと、
大きな問題になることはありません。

これは、お金の問題にも通じることで、
放置しておくことで、大変なことになってしまうんです。

関連記事です。
なぜ、お金を貯めるべきなの?

これらは、日々の習慣からできることなので、
その場でコツコツと片をつけていくこと。

地道なことのように感じますが・・・

暮らしの基本は、日々の積み重ねの結果なんです。

私自身、片づけを通して・・・学ばせてもらえました。

いままでの自分がためてきたことに片をつけて
明日の自分がラクになるような暮らしをつくっていくこと。

これからも忘れないようにしながら、
片づけを続けていきたいなと思います。

ではでは。

スポンサーリンク

▽ランキングに参加しています▽
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

▽参加トラコミュ▽
少ないモノで暮らす
持たない暮らし
シンプルで豊かな暮らし

合わせて読みたい

この記事をお届けした
持たない暮らし、使い切る暮らし。の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Instagram