外貨建ての保険って、どうなの?私が運用に組み入れていない2つの理由

いま、日本の預金金利が低いこともあり・・・
外貨建て保険の人気が高いようですね。

読者の方からも、何人かご質問がありましたが、
私は運用には、一切いれていません。

理由はとてもシンプルで
為替変動のリスクが大きく、手数料が高いから。

スポンサーリンク

外貨建て商品の、手数料は高すぎる

私は、20代のときに外貨運用をしたことがあるので
銀行などの手数料の高さに、ビックリしたことがあります。

この手数料は高い・・・!

これなら・・・自分でFX口座で外貨を買う方がいいんじゃない?って。

FXって、危ないっていうイメージが強いですが
レバレッジをかけなければ、外貨を買う手数料はとても安いんです。

(こわいのは、ムチャな取引をすること)

ですから、もし外貨を資産の中に組み入れたいのなら
銀行は通しません。

その上に、満期になったときに・・・大きな円高になっていたら?

ドル建ての金利分が、なくなってしまう可能性もあり。

じゃあなぜ、オススメされる商品なのかというと、
それはやはり・・・販売側にとって、利益が高い金融商品だから。

後々こういったことにも気づいたので、運用からは外しています。

為替の変動は、思っているよりも大きい

安定していそうなドル円であっても・・・
2003~04年くらいに130円近くまであがり。

そこからリーマンショックで70円台へ。

30~40%くらいの下落があってしまうのが、為替であること。

トルコリラに関しては、100円から10円台まで落ちていますから・・
株価と違って、長期的に上がる・・・という統計がないんですよね。

一見、魅力的な金利差に関しても・・・
そのときの状況で大きく損失を被ることもありますから。

そういう金融商品であることもふまえて
資産を預けるかどうかを考えるようにしています。

なぜオススメなのか?少しだけ考えるクセをつけておく

私も、過去にドル建ての個人年金に加入して
資産を分散しようとしたことがあります。

すぐに、解約したんですけど(笑)

その時にも・・・解約によるペナルティがすごかった・・・

調べていくと、決して有利ではないことがわかります。

「保険のプロ」が生命保険に入らないもっともな理由より。

なぜ、ショップや銀行の人たちは、ドル建ての保険をオススメしたのでしょうか?それがとっても儲かる商品だからとは考えられませんか?外貨だからお金がふやせるとは限らない。いずれにしても、外貨建て保険は手数料が高いので、検討に値しないですよ。

保険は、使うのなら・・シンプルな掛け捨てだけ。

名前に流されないようにしています。

とはいえ、資産を外貨建てで持ちたいとは思ったので
投信などでは、セゾン投信を組み入れています。

ドルだけに限らず、世界中に分散できるので。

何はともあれ、為替の変動はあなどれません!

このこともふまえて、運用を考えていきましょう。

ではでは。

スポンサーリンク

▽ランキングに参加しています▽
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

▽参加トラコミュ▽
少ないモノで暮らす
持たない暮らし
シンプルで豊かな暮らし

合わせて読みたい

この記事をお届けした
持たない暮らし、使い切る暮らし。の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Instagram