9割のケアは・・・いらない。年齢を重ねたら、与える美容を手放していく。

年齢を重ねるほどに、素敵になっている女性は
みんな捨てることが上手です。

飾り立てていないけれど、キレイ。
濃いメイクをしていないのに、品がある。

その理由は、9割の美容を捨てているから。

与えるケアは20代まで。
30代以降は、捨てるケアを意識していきたい。

モノと同じように、美容も手放していくと
肌や心まで軽くなっていく生き方にチェンジできるんです。

スポンサーリンク

与えるケアでは、美肌になれない

こまめにクリームを塗ったり、パックをしたり・・・
与えるケアに集中していた時期には、肌トラブルが多くて
「これ以上・・・年齢を重ねたくない!」
と思うことが多かったんです。

なぜなら、店頭にいって目につくのは
ほとんどが与えるケアの商品ばかり。

もっともっともっと。

高額な化粧品を買わなくてはいけないのかと思いましたが
宇津木さんの本に出会い、引き算のスキンケアへ。

ここからはクレンジングも使わない、石けんオフメイクに切り替えて
ビックリするくらい、肌の調子はよくなりました^^

一番の違いは、肌のやわらかさ。

調子が悪い時の肌は、乾燥して・・・敏感で肌が硬い。

いまはこの逆の状態になっていることからも、
意識するケアを変えることの大切さを感じています。

メイクアップアーティストの小田切さんの捨てる美容の中でも
いかに美容は捨てることが大切なのか。

スキンケアだけではなくて、メイクの上でも学ぶことが多く
やはり与えるケアでは美肌になれないことが、よくわかります。

大人のキレイの新ルール 捨てる美容
小田切ヒロ(著)
楽天ブックスはこちら

厚塗りメイクに、与えるケアはいらない。

これからは、捨てる勇気を持つことが
肌をキレイに保つために必要なんだと感じます。

できることから、ひとつずつ手放していくだけでいい

いきなり、すべてのケアやメイクをやめる!ということではなくて
いまやりすぎている美容をひとつずつ手放していく。

そうするだけで、肌の調子がよくなったり
メイクがほどよい感じに変わっていくようになります。

足して足して足して

きっと、私たちは増やすことに集中していましたよね?

これからは逆の発想で、ひとつずつ引いていく・・

メイクも濃くではなく薄く
保湿クリームに頼るのではなく、肌本来のチカラを引き出す。

小田切さんは、メイクアップアーティストなので
メイクの引き算は・・・・とても興味深かったです。

年齢を重ねたら、メイクは薄くナチュラルに。

あなたもそう望むのなら、とても参考になりますよ^^

詳しくは→大人のキレイの新ルール 捨てる美容

私もこってりは苦手なので、
ポイントメイクで使える部分はやってみるつもりです。

こうやって、できることからひとつずつ。

関連記事です。
すべて石けんオフメイクへ!日焼け止め効果もある、AQUAのファンデを使い始めました。

足すのではなくて、引いていく。

そして最後に残った一割のケアやメイクを大切にしながら
年齢に合わせてシンプルに過ごしていきたいなと思います。

ではでは。

スポンサーリンク

▽ランキングに参加しています▽
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

▽参加トラコミュ▽
少ないモノで暮らす
持たない暮らし
シンプルで豊かな暮らし

合わせて読みたい

この記事をお届けした
持たない暮らし、使い切る暮らし。の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Instagram