DIYでこんなに変わる!キッチンの壁を、使いやすい収納に変えてみました。

日常的に生活していると、
使いづらいな~・・、という不満がでてきますよね?

とくに賃貸生活では、
持ち家の方よりも、そういうことが多い。

わが家も、賃貸だからと・・あきらめていましたが、
自分たちでDIYすることで、小さな不満を解消しています。

今回はキッチンの使い勝手を考えて
壁を使い、いじれる場所をつくってみました!

いまは壁を使う時代なんです^^

スポンサーリンク

キッチンのちょっとした収納を、DIYでつくっていく

わが家は、最小限のモノで暮らしているので
食器棚は持っていないんです。

モノをおくスペースは、そんなに必要ないけれど・・・

フキンをかわかしたり・・・
瓶をディスプレイできる棚が欲しい。

その上に、できれば子供たちの連絡用の紙を
一覧で貼っておけるコルクボードを置きたいなということで
旦那につくってもらいました。

ここで、登場するのが・・・
賃貸生活の救世主、ディアウォールです。

これがあれば、いじれる壁をつくることができるので
自由自在に思うまま!

早速、キッチンの隅っこにあるスペースを使い、
自分たちの理想をかなえてみました^^

まずは、2×4の木材にBRIWAX(ブライワックス) を塗り込み・・
ディアウォールにかまして、壁沿いに設置していきます。

そして、ディアウォール専用の棚受けを取り付けて、
棚を設置していきます。

水平もチェックしつつ・・・
自分たちが欲しい高さに、棚を2段設置して。

ここがDIYのいいところですね^^

こんな感じで。

棚の奥行きを変えたら、食器を置くこともできます。

下の棚に、欲しかったフキンかけを設置。

ホームセンターで木のモノを探してきて、
パイプを取り付けて・・・

フキンの大きさに合わせて、長さも調節!

なかなかいい感じですよね?

ピッタリ!

これは・・・いい。

上部の棚には、コルクボードを設置しました。

用途は、子供関係の書類をはっておくため!

冷蔵庫にはりつけると・・・
部屋がゴチャゴチャして見えるのと、風水的にはよくないので
あえてボードに貼る方を選びました。

できあがりはこんな感じですね。

木材の質感と、焼き物の色合いがベストマッチ。

ちょこっと置くだけで・・・かわいいです。

サイドには、息子たち2人分の水筒掛けをつくりました。

下には、いま持っているワゴンを置いて。

DIYでちょっとした不満が、次々に解決していく

自分たちで作るようになって感じたことは、
ちょっとした不満なら、すぐに解決してしまうということ。

こうなったら、と思うことが実現していく。

しかも以前よりも部屋が素敵になっていくので
暮らしに対しての満足度が、またひとつあがっていきます。

関連記事です。
キッチンカウンター下に、棚を取り付けてみました。
リビングの壁面をディスプレイコーナーに!お絵かき用の大きな黒板を設置してみました。

そして、旦那もかなり満足そうで・・・
たとえ賃貸であっても、愛着がわいてきていることが
よくわかるんです。

わが家は壁面収納を、参考にしています。

簡単でカッコいい! 壁面収納とインテリア
カムホーム! 編集部
楽天ブックスはこちら

DIYで広がっていく、賃貸での楽しい暮らし。

まだまだできる場所が沢山あるので
これからも工夫しながら、つくっていきたいなと思います。

ではでは。

スポンサーリンク

▽ランキングに参加しています▽
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

▽参加トラコミュ▽
少ないモノで暮らす
持たない暮らし
シンプルで豊かな暮らし

合わせて読みたい

この記事をお届けした
持たない暮らし、使い切る暮らし。の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Instagram