一億円を手にした、ジョーンズさんの話がすごい。

「普通の私たちが、お金持ちになれるわけがない。」

なんとなく・・・日本ではそういう風潮があるので
みんな宝くじが当たることにばかり夢を見ています。

その結果・・・
地道に積み上げていくことを、忘れていませんか?

私は、とあるアメリカ人のジョーンズさんのお話を知って
この方法こそが、お金持ちへの第一歩だと感じたんです。

それは、401Kを使った・・・資産運用。
日本では、イデコ(確定拠出年金)と言われている制度です。

スポンサーリンク

積立投資で、一億円を手にしたジョーンズさん

これは、50歳でも30歳でも3000万円つくれる35の法則の中で
冒頭のお話にでてくる内容なんですが。

普通に工場で働いていたジョーンズさん。
入社当時にすすめられるままに入ったのが401kという
アメリカの年金プラン(日本でいうイデコ)

毎月4万円ほどをずっとかけつづけ・・・
60歳で手にしたのは、日本円で一億円を超えていたそうです。
(積立金は2,100万円ほど)

なぜそうなったのか?
ジョーンズさんは株式を組み入れた投信で、
ずっと運用していたから。

でもお給料から天引きだったため、
預金感覚でずっと放置していることで
そこまで増やすことができたんです。

このお話を、著者であるセゾン投信の中野社長が、
セミナーでも同じように説明してくださいましたが。

ここであなたに一番つたえたいことは・・・・
決してジョーンズさんは特別な例ではないということ。

アメリカでは、ジョーンズさんのように
普通のひとが大きな投資資産を持つということが
まれな話ではないんです。

そして、私たちもイデコを活用していくことで
第二のジョーンズさんになることは、決して夢ではありません。

私たちにも、すばらしいイデコがある

もちろん、私たちとジョーンズさんは状況は違います。

ですが、夫婦でイデコを活用し・・
つみたてNISAも使うことで、状況は変わります。

わが家はこちらで運用中→SBI証券の確定拠出年金プラン

関連記事です。
イデコで戻ってきた還付金は、つみたてNISAへ

そうすれば、一億円とまではいかなくても、
ある程度の資産を築けるのではないでしょうか?

たしかに
宝くじのように、一獲千金ではありませんよ(苦笑)

でも、コツコツと積み上げて運用していくことが
本当は・・・もっともっと大切ですよね?

当たらないものにかけるより、
じっさいに実現している人の、長期投資をマネしてみること。

私は後者でいきたい。

そして、プチジョーンズさんになりましょう。

遠回りのようで、確実に近づいていける道を・・・

これからもイデコやつみたてNISAを上手に使い
私なりの資産作りを続けていきたいと思います。

ではでは。

スポンサーリンク

▽ランキングに参加しています▽
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

▽参加トラコミュ▽
少ないモノで暮らす
持たない暮らし
シンプルで豊かな暮らし

合わせて読みたい

この記事をお届けした
持たない暮らし、使い切る暮らし。の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Instagram