紙袋は、サイズごとにひとつだけ残す。

意外にみんなが捨てられないモノのひとつにあげてくるのが

紙袋です。

私も以前は家の中に結構おいていましたが
いまは最低限しか持たないようにしています。

スポンサーリンク

サイズをそれぞれ一枚だけしか持たない

しっかりしている作りの紙袋は手元に置いておきたい。

そう考えてしまうけれど
実際にはまた使う機会がなかなかなかったりしますよね?

それなのに買い物や頂き物で永遠に増え続けていくので
いまでは数をしぼり、手元に置かないようになりました。

サイズ別にひとつずつあればそれでいい。

それでは少ないと思うのなら
自分がどれくらい必要とするかの数を考えて
全部で10枚くらいにおさめておくと、増え続けることはありません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

よく実家などで
紙袋のかたまりを見かけることがありますが
そんなに多くをためていても、やはり使う機会はそうないんです。

だから増え続ける。

「たかだかそれくらいのモノで・・・・?」
と、あなどってはいけません。

結局はそういうモノのひとつひとつが
私たちの家の中を占領していくわけですから
たとえ紙袋でも増やさないように意識していきましょう。

小さなモノも、意識すること

小さなモノでも、ひとつ入ったら、ひとつ出すくらいの気持ちで
紙袋とも付き合うようにしています。

その他にも洋服屋さんでもらうナイロンの袋に関しては
出先での着替え入れに使うこともあるので
これは2枚だけ手元に置いて、あとは処分するようにしています。

その時にも残すものは
使い勝手が良くて、デザインがいいもの。

それを少しだけ、それだけで十分なのです。

細かいことのように思いますが
こういう小さなモノでも増やさないことを心がけています。

ちいさな賃貸暮らしだからこそ・・・
よく見極めながら持ちすぎない、使い切る暮らしを実行中です。

ではでは。

スポンサーリンク

▽ランキングに参加しています▽
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

▽参加トラコミュ▽
少ないモノで暮らす
持たない暮らし
シンプルで豊かな暮らし

合わせて読みたい

この記事をお届けした
持たない暮らし、使い切る暮らし。の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Instagram