難題の衣類である着物は、実家に置いてもらうか買取してもらうようにしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

衣類の中のひとつとして
その管理も処分の仕方も難題である着物について。

これをどうすればいいのか?
悩みますよね・・・

スポンサーリンク

難題である着物は捨てずに再利用してもらう

私も母がかなり揃えてくれていて
簡単に捨てるなんて、やはりできそうにもありません。

そういうことで
私はこんな風にして着物については管理しています。

1、基本的に実家に置いてもらう。

和ダンスがあると家具の配置が思うようにいきません・・・
広い実家に置いてもらうことで、母に管理してもらっています。

それでもめったに着物って着ないですよね?

買ってもらった親の了承が得られるのなら
思い切って人に譲るか、宅配着物買取を利用してみてもいいと思うんです。

そのことにも後ろめたさを感じるのなら
もっとコンパクトに収納できる入れ物へ変えてみるとか。

生活に支障がないように考えてみましょう。

私も最近知ったんですが
ビックリするくらい、いまは着物のリサイクルショップが増えています。

その利用方法は
・外国人の人が買いに来てくれたり。
・若い人がレンタルしたり。
・はぎれとしてお人形作りに使われたり。

すごく活用されているようですね。

自分の手元にあっても使わない着物であっても
誰かのところへいくだけでまた活用してもらえたら、
着物も喜んでくれますよね?

使わないモノは、誰かの為にまわしていく

そういう中でヤマトクさんは

下駄も
反物も
紋付までも!

着物関連の商品は、ほぼ買取してくれます。

なんと買取成約率は98.3%!

ただ捨てるなんて本当にもったいないので

タンスの中を整理したかったり
母や祖母の着物を整理したかったり

そういう悩みを解決してくれます。

宅配着物買取なら、自宅にいながら
送料も無料で梱包キットまで用意してもらえるので
いま一度整理整頓に考えてみたい。

もちろん、査定も無料でしていただけます。

私たちが着なくても
いまは着物が見直されているようで、上手にリメイクしてから
次に使う人の手元へまわっていきます。

使わないモノは、誰かの手に・・・

手放しにくいものほど、そうしていきたいと私も思います。

ではでは。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

フォローお願いします^^

ちゅらの日常を掲載中(インスタにて)
Instagram

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存