お給料を増やすより、お金に働いてもらう方が早いんですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

ここ10年で、どれくらい月のお給料が上がりましたか?

10万円?
5万円?

年に一度、昇給があったとしても
それほど上がった気がしないのは・・増税されているから。

私も旦那の給料明細をみては
「・・・・。」と、言葉を失うこともしばしばありました。

スポンサーリンク

お給料は、ほぼ横ばいの時代へ

フランスの有名な学者さんが
勤労所得を増やすよりも、不労所得を増やした方が早いことを
発見されました。

過去200年間の株や不動産の利回りは約4~5%
それに比べて労働所得は約1~2%しかない(経済成長率)

つまり、不労所得の方が早く手取りを増やせるんです。

では、わが家の旦那さんを振り返ってみると・・・
(サラリーマン時代)

会社員時代は、年に一度昇給があり、
月に3千円アップで年間36,000円ふえていましたが。

これだと10年後に上がっているお給料は月に3万円・・・

ただ、この上に増税されていくことを考えると
実質的には、給料はほぼ横ばいであることが考えられます。

もしお金を働かせたら?

では、もし100万円を10年運用してみたらどうでしょうか?

年利5%でずっと運用し続けたら・・・

100万円は10年後には162万円にふえて
年間に8万円ほどのお金をうんでくれる
、という計算になります。

これは複利計算になるので、
10年は預けっぱなしにはなりますが、やはり大きいですよね。

つみたてNISAの口座で運用したならば
利益に税金はかからず、20年後には高いリターンも期待できます・・・

関連記事です。
リターンが魅力的なひふみ投信・・・つみたてNISAで運用したら、どうなる?
これからは積立貯金ではなく、「つみたてNISA」の時代へ・・

お金への働かせ方が、所得の増加につながっていく

じつは、このことを積極的に取り入れているのがイギリス。

所得が増えないかわりに、
お金への教育を徹底的におこなった結果・・・

国民の不労所得が増えて、個人の収入が伸びるようになっています。

すごく興味深い結果ですよね?

私は面白いなー、と思いました。

給与が上がらないことにイライラするよりも、
収入が上がる方にお金をまわし、所得を上げる。

(わが家はセゾン投信ひふみ投信で運用中)

時代に合わせるとするならば、後者になってきたのかもしれません。

労働だけにこだわらない。
ここにこだわると、受け取り方が変わっていくんですね。

関連記事です。
我が家は、お金と共働きをしています。

私も、かなりお給料に絶望したことがあるので(汗)

この発想を大切に、
これからもお金の運用に積極的になっていきたいと思います。

ではでは。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

フォローお願いします^^

ちゅらの日常を掲載中(インスタにて)
Instagram

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存