世界一幸せな国、デンマークから学ぶシンプルで豊かな暮らし方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

幸福度ランキング一位に、
何度も輝いている国をご存知ですか?

それは、デンマークです。

ちなみに日本は51位(意外と低い 笑)

GDPや消費欲が高い、アメリカ・中国・日本でもない・・・

そこには、本当に必要なモノしか持たない、
シンプルでミニマムな暮らし方
がありました。

スポンサーリンク

「幸せ」の背景にあったもの

私が北欧の暮らしに興味を持つキッカケになったのは、
LESS IS MORE 自由に生きるために、幸せについて考えてみたを、読んでから。

税金が高く、日中の日照時間は短いなど
不満がありそうな北欧の国々が、なぜ幸福度が高いのか?

それはここ最近の日本では考えられなかったような
シンプルで豊かな暮らしがそこにあるからです。

消費税は25%
所得税は50%

日本から見ても、目をむくような税率の高さですが、
そのぶん、福祉の充実は比べ物になりません。

モノを買うと税金が高いことから、
ひとつのモノをかうときにも、何度も考えてから買う。

住まいは大きくはないし、収納も小さい。

だからこそ、少ないモノで豊かに暮らす知恵が
北欧からは参考になることが多いんですよね。

ブランドなどのモノへの消費ではなく、
家族や友人との温かいつながりを実現していく。

そういう幸せのヒントがとても参考になったのは、
世界一幸せな国、北欧デンマークのシンプルで豊かな暮らしでした。

デンマークの暮らしが、本を通してみることができます。

エコでミニマムな暮らし

デンマークでは車の税金が高いこともあり、
子育て世帯は、子どもをのせる自転車を使うのが一般的。

これ、私もそうですが(笑)

税金が高くて支払えないのなら、
そうでないモノを積極的にみんなで活用していく。

政府も自転車の普及を応援しているようなので、
消費文化の日本とは、対極にあるように見えました。

モノへの消費のとらえ方が違う。

この発想を知ることは、とても勉強になりますね。

必要以上に、モノを欲しがらない

消費大国アメリカのキッチンとは違い、
デンマークのキッチンは、日本と同じようなサイズ。

でも、モノが少ない暮らしを実現できているのは、
そこに入る分しか持たないなら。

まさにミニマム。

世界一幸せな国、北欧デンマークのシンプルで豊かな暮らし
芳子ビューエル (著)
楽天ブックスはこちら

日本では、モノがあふれている中で
ミニマリストブームが起きましたが・・・

デンマークでは、昔からそれが当たり前に根付いています。
消費文化の反対のようですね(笑)

このあたりの決定的な考え方の違いが
面白いなと思いましたし、またひとつ参考になりました。

これから日本も確実に増税に入っていきます。

そういったことも考えると、
私たちがミニマムを求めるのも、自然なことなのでしょう。

アメリカの影響を受けて、消費大国になりましたが、
また元に戻る時期が来たんです。

ここまで福祉は充実していませんが・・
日本で暮らす中でのミニマムライフを考える参考に、
デンマークの豊かさを見習っていきたいなと思います。

ではでは。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

フォローお願いします^^

ちゅらの日常を掲載中(インスタにて)
Instagram

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存