子育ては期間限定!ちいさな賃貸暮らしでも快適に暮らせる大切なポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

我が家は2LDK(50平米)のちいさな賃貸で
家族4人で暮らしています。

いろんな賃貸をみてきましたが、
だいたいこれくらいが一番多い間取りなのかもしれません。

3LDKや4LDKは少なく、家賃も高めですよね?

できることなら、家賃はこのままで。

立地を考えても引っ越しに踏み切れないのなら、
いまの間取りで、できることを考えてみませんか?

スポンサーリンク

不満をみつけて、快適に暮らせる使い方を考えよう

ちいさな住まいなら、考えるべき大切なことはひとつ。

収納も、部屋の使い方も
自分たちが本当に使いやすいかどうか、何度も検討することです。

その為に私がやっていることは、
ちいさな不満を見逃さないこと。

たとえば、我が家は右下の洋室を子供スペースにしていましたが・・・
結局はリビングで子供たちは遊ぶことが多い。

おもちゃが、いったりきたり・・・・にイライラ(笑)

そこで思い切ってリビングのカウンター下に
子どものランドセルやおもちゃを置いてみることに。

そうすると、おもちゃの片付けがラクになり、
宿題ひとつにしてもスムーズにはじめることができる
ようになりました。

関連記事です。
思い切って、リビングに子供スペースを作りました。

ここはこうするべき、という考えを手放して
自分たちが住まいをどうすれば使いやすくなるのか?

不満を通して考えることで、解決することがあるんです。

子どもの成長に合わせ、2部屋の使い方を変えていく

現在は、右下の洋室を私たちの仕事場にし
右上の洋室は、寝室になっています。

つまり、用途にあわせて部屋を使っているわけなんですが・・。

この使い方は、個室を必要としない時期におすすめで、
逆に、子どもたちが成長して個室が必要になるタイミングには、
用途別から、人別に変えていくつもりです。

夫婦2人で使う
息子たち2人で使う

それぞれの個室として部屋を分けていくことになるでしょう。

収納は、個室の使い方に合わせて変えていこう

そうなると、収納の使い方も変えていくことになります。

いまは家族全員でまとめて使っている収納の使い方も
これからは夫婦と息子たちで分けていくことになる予定。

面倒なように感じますが、
暮らしは、かならず変化していくもの。

この変化に合わせていくことができれば
たとえ狭くとも、役割に合わせて上手に使うことができるようになります。

これはもう、小さな賃貸暮らしの宿命ですよね^^

でもそのおかげで
立地や家賃の条件がいいというメリットもありますから。

期間限定の子育ての時期だからこその工夫を楽しみ、
これからも上手に部屋を活用していきたいなと思います。

ではでは。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

フォローお願いします^^

ちゅらの日常を掲載中(インスタにて)
Instagram

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存