ムダなモノを持ち続けると引き寄せてしまう・・・大きなデメリットとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

使ってはいないけれど・・・
捨てることは、もったいない。

そんな気持ちで、
私たちはつい、モノを捨てることをためらうことがあります。

なぜなら、捨てると損をするような気持ちになり
そこにメリットを感じないから・・・

置いておけるんだから、置いていたらいい。

その習慣の積み重ねが
あなたに大きなデメリットを引き寄せていることを
知っていますか?

スポンサーリンク

ムダなモノを持ち続ける、デメリットとは?

その大きなデメリットとは、
ムダなモノが多い部屋は、あなたの運気を下げるということ。

ムダなモノは、そもそも使っていません。

ですから、そこは動かさずにホコリもたまったままで・・・
その場所は空気がよどんでいることが多いはず。

そういうところには、
浮遊霊が住みつくようになっているそうです。

ちなみに、この浮遊霊は貧乏神ともいわれていますよね!

人に対してのねたみ、うらみを持っているので
かなりマイナスの波動を持っているんですが・・・

モノが多い家には、トラブルを呼び込むことが有名で
私たちの運勢をドンドン下げていきます(苦笑)

日本一の大富豪である、あの斎藤一人さんも
ムダなモノを捨てないと、どんどん不幸になるということを
何度も著書の中で教えてくださっているんです。

もう、何度も何度も。

いまはがんばらなくても、勝手に幸せがやってくる7つの魔法を読んでいますが・・・

この本の中でも

「幸せになる為には、ムダなモノを捨てる!」
この部分をかなり強調されていることが印象的でしたよ。

身近な住まいに、運気をあげるヒントがある

がんばってもうまくいかない。

こんなにがんばっているのに、なぜ?

その原因は、
じつは身近な住まいにあるとしたら・・・?

斎藤一人 がんばらなくても、勝手に幸せがやってくる7つの魔法
宮本真由美(著)
楽天ブックスはこちら

こういったお話は、目に見えないことで
誰しもが信じられることではないかもしれません。

でも、こう思うことはありませんか?

幸せなお金持ちのひとほど、
目には見えないようなことを大切にしているということ。

トイレを掃除する。
ムダなモノを持たない。
部屋をきれいに掃除をする。

理論的ではないことですが、
こういったことを大切にできるかどうか?の差が
私たちの人生にあらわれているのかもしれません。

ムダなモノを手放し、開運していこう

私は斎藤一人さんのそうじ開運術のおかげで
かなり迷いなくモノを手放せるようになりました。

そうすることで、いままで家にいた貧乏神とはお別れして
いまは運気がグングン上がっていることも感じていますから^^

信じられないような、面白いお話。

これが自分たちの人生をよくしていく、
キーポイントになるのではないでしょうか。

もったいないで、自分の人生をダメにしない!

これからもこの考えを大切にしながら、
運気のあがる部屋で幸せに生きていきたいなと思います。

ではでは。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

フォローお願いします^^

ちゅらの日常を掲載中(インスタにて)
Instagram

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存