手取りは20万円台前半でボーナスなし!ギリギリ家計であっても、1000万円は貯められる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

会社員だった頃の旦那のお給料明細をみては
とにかく「不安」をかかえていたことを思い出します。

手取りは20万円台前半で、昇給は年に一度3千円のみで
ボーナスはなし。

このままじゃ、ホントにヤバイ!

そんな思いから、お金のことについて学びはじめましたが
「お金を増やすノウハウ」をきちんとマスターすることができれば
未来は明るいものへ変わっていきます。

スポンサーリンク

いち庶民として抱えている不安をさぐってみよう

お給料の手取りが20万円台前半
お子さんが2人に、奥さんは専業主婦。

ごく一般的な家庭の話で、我が家もこのくらいでした。

でも、この状態で生活しているとわかりますが・・・
はっきりいってゆとりはありません。

でもどうすればいいのかもわからず、不安がつのるばかり・・・。

そんな私たちの気持ちを、
32歳出版社のMさんが、富裕層を専門とするFPの江上さんに
不安な気持ちをぶつけてくれます(Mさんも同じ家族構成と収入)

給料が上がらなくても、お金が確実に増える方法を教えてもらいました。

江上「・・・・・崖っぷちだね。」

Mさん「・・・何がですか??」

江上 「Mさん一家の収入と支出のデータだよ・・・ 続く

わかりやすい対談形式で
私たちが抱えている問題をていねいに江上さんが答えてくれます。

確かに・・・
我が家もがけっぷちでした(汗)

なにが、家計の問題点なのか?
なぜ、私たちの生活が苦しいのか?

それは根本的な考え方がずれていたからだと、
読み進めながら、かんじていくようになります。

そのずれた部分を、修正する。

まずはここからのスタートなんですよね。

ギリギリの家計であっても1000万円は貯められる

いますでにギリギリだからと、
どこかであきらめていませんか?

でも、あきらめたくなくて
色んな可能性を試していくのなら、10年で1000万円も夢ではありません。

江上さんが私たちの立場に立って話してくれる内容は

まずは収入を増やすこと(夫婦で協力して)
支出(固定費を見直す)をおさえて、複利で増やしていくという
いたってシンプルな内容です。

一見すると、とても当たり前のようなことに感じますが
じっさいにはできていない人が大半だということを考えると
この法則がいかにこれから大切なのかも、もう一度考える機会になりました。

「そんなことはわかっている。」

そうですよね。

でもわかっているのと、できるのとはやはり違うということ。
厳しいようですが、そういう現実も見ることができます。

給料が上がらなくても、お金が確実に増える方法を教えてもらいました。
江上 治 (著)
楽天ブックスはこちら

お金と向き合うことは、人生と向き合うこと

お金と向き合うことは、
自分の人生と向き合うことにつながります。

いつ子供たちにお金が必要になり、
自分がやりたいことにどれくらいお金を必要とするのか?

その為に、どう働き、どう生きていくのか?

私もじっくりと考える機会が以前よりも増えました。

こういった本を読むと
しっかり考えないといけないなと思うキッカケにもなりますし
お金との付き合い方の基本も学ぶことができます。

そうすれば、少しずつでも・・・
お金の不安も解消されますから^^

我が家もこのステップで少しずつ改善していきました!

人生を豊かにいきる手段としてのお金との付き合い方。

これからも少しずつお互いに学んでいきましょう。

ではでは。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

フォローお願いします^^

ちゅらの日常を掲載中(インスタにて)
Instagram

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存