投資は早くはじめた方がいい、たったひとつの理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 109

長期投資のセミナーにいくと・・・
「早く投資をした方がいい」というお話をよく聞きます。

でもそれって・・
そういう勧誘の手口じゃないの?

なんて、ちょっと疑う自分がいました(あやしいですよね? 笑)

ですが、自分でよくよく調べてみると
投資を早くはじめたほうがいい、ひとつの大きな理由に気づきます。

スポンサーリンク

早くはじめた方が、資産が大きく育つ

その理由とは、
投資は複利の効果で資産が育つからです。

複利とは?
最初は元金に利息がつきます。
その利息の分だけ大きくなった元金を運用して、また利息をつける。
それを続けていくことで、雪だるま式に資産を増やしていくことができる。

あの有名なアインシュタインも
「人類史上最大の発見である」と、言っていたらしいんですが・・・

それは、もう横においておいて(むずかしいので 笑)

この複利を時間をかけて使っていくことで。
同じ投資金額でも、運用期間の長さによって投資結果が変わることが
私にもわかるようになりました。

そうなんです。

同じ金額を投資しても、遅いスタートであれば
複利の効果で結果に差が出るということ。

いつ投資の種をうえるかも、ポイントなんですね。

10年の差でどれくらい変わるの?

では、たとえば300万円を運用するとします。

片方は、最初に300万円を投資信託に預けっぱなしにします。
年利は5%で運用すると仮定すると・・・

30年後には、約1,296万円になります。

もう片方は、月々1.3万円を20年間積み立て投資していきます。
これも年利5%で運用すると仮定したら・・・

20年後には、約529万円になります。

おなじ投資金額で、運用結果が倍以上違う!

もちろん、投資のタイミングでも変わるのであくまでも仮定ですが・・
いろいろと考えさせられる内容でした。

ちなみに、もし30年間かけて月々8千円ずつ30年間運用したなら
30年後には約679万円になります。

どちらにしても、早いスタートの方が有利であることが
複利を通じて知る
ことができました。

できることは、早く積み立てをはじめること

こうやって自分で計算してみると、
あながち「早く投資をした方がいい」ということは
ウソではなかったんだなと気づきます(笑)

セゾン投信もなるべく早めにはスタートしましたが、
10年前にはなかなか勇気がなくて、小さな金額しかできず・・・

すこしの勇気で大きく結果が変わるということが
やっていくと、わかるようになっていきますよね。

なぜなら、私たちが味方にできるのは、
やはり時間だと思うから
です。

たとえお給料の差がそれぞれにあったとしても、
時間はみんなに平等に与えられていること。

それをどう活用するのかを、いま一度考えておきたい。

確定拠出年金のイデコも同じ。

あわてて去年二人でSBI証券の確定拠出年金積立プランにて
積み立てをスタートしましたが・・・

これらも、運用結果に差がでてくることを考えると
節税と合わせてダブルで使いたい投資方法
だなと思います。

投資って、学べば学ぶほど面白いですね^^

将来的に自由に生きる軸として、
これからも楽しみながら取り組んでいきますね。

ではでは。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存