過度な流行には、乗らない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 109

最先端の流行には、乗れないし・・・乗らない。

テレビや雑誌では今年の流行りが常に紹介されています。

今年はこの色!
このカタチ!

いいものがあれば別ですが、
流行だからという理由では、もう買いません。

スポンサーリンク

過度な流行には乗らない

洋服を買う時には、今年の流行りではなくて・・・
その洋服が必要で好きだから買う。

基本的にそこまで雑誌を読んで研究する時間もないので
ネットでも興味を持って調べることがありません。

そもそも流行ということは、来年には古いわけですよね?

そういう振り回され方は、疲れるのでしません。

もうこれに尽きるような気がします。

定番アイテムが流行を取り入れている

そもそも、そこまで流行を追わなくても大丈夫だなと思うのは、
定番に見えるアイテムでも、それなりにいまの時代にあった形に作られています。

シルエット

色合い
など。

無理をしてあからさまに流行を追わずとも
私が好きな紺色のカットソーでも年々形が少しずつ変化していますから。

追わずとも、普通に買い物していれば古臭くはならないということ。

むしろ、ちゃんと流行も少しは取り入れることができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それよりも着ていない昔の洋服こそが流行遅れになる危険性あり。

洋服は賞味期限が必ずありますから
いま着尽くしていくという考えで楽しむ方がいい。

定番の色を持ちながら、カタチで楽しむ

ということで、私は流行に興味なし。

それよりも、
色合いは決めておきつつカタチの変化を楽しんでいます。

そうすれば、去年の洋服はもう着れいないということもなく
1~2年スパンくらいで着続けることもできるようになります。

洋服こそ、流行流行と宣伝されていますが
本当のブランド品は、常に定番がゆるぎないもの。

それでも色あせることはないのですから、見習いたいところです。

これからも世間の広告に流されすぎず・・・
自分軸で洋服選びもしていきたいなと思います。

ではでは。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存