ミニマリストの洋服の見極め方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

私たちは洋服が大好きです。

でも現実には
沢山の洋服をかかえ、「着ていくものがない」
朝から頭を悩ませていたりしませんか?

そういう悩みは、着ていない洋服を整理していくことで
解決していくことができるんです。

スポンサーリンク

洋服の消費期限と賞味期限を見極める

着ていないままの洋服は
もはや持っていないも同じ。

そういう洋服の為に
クローゼットの収納に時間を費やしたり
朝から着回しに頭を悩ますのは、もうやめたい。

そう考えてから
私は少ない洋服ですっきりと暮らすために

洋服の消費期限と賞味期限を見極めて
多くを持ちすぎないことをより意識するようになりました。

・洋服の消費期限とは?
毛玉ができたり、色あせたり、シミがあるなど
目に見えて洋服の消耗が激しくなっているモノ。
・洋服の賞味期限とは?
流行おくれの洋服であったり、体型があわないもの。
その洋服を着ることで
古臭くみえたり、似合わないモノ。

この二つを意識するだけでも
クローゼットの棚卸しができるようになっていきます。

ちなみにこれは家族全員(子供も含めて)に
生かせるやり方です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

暮らしに合わせた洋服に絞る

私の場合は
昔着ていた仕事用のスーツや洋服を処分し
いまではこの収納ケースにふたつ入るだけまで絞りました。

選ぶポイントはいまの仕事と、子育てに合う洋服だけ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

洋服を減らすと、収納に時間を使うことも
朝のコーデに頭を悩ますことも一切ありません。

洋服のストレスゼロです(笑)

暮らしが変わっていくことに合わせて
昔の洋服を処分していけば、クローゼットもスッキリ。

夫の洋服も思い切って2年ほど前に見直しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クローゼットは引き算で考えていこう

多くの洋服があれば楽しい、とか・・
選ぶことが幸せだった時代は、自分の中でもう終わり。

子育てと仕事、家事に時間をとられているのですから
クローゼットは常に引き算で考えていきたい。

金子さんのクローゼットの引き算を読みながら
ますますそう感じます。

楽しいはずの洋服で、苦しまない。

クローゼットの引き算
金子由紀子(著)
楽天ブックスはこちら

ためこんでいった洋服を上手に手放せば
一気にクローゼットも変わります。

これは、本当に・・・・
やってみて劇的に我が家も変わりましたから。

それくらい洋服って増えるんですよ。

このことをもう一度踏まえながら
これからも洋服と楽しく付き合う為に
消費期限と賞味期限を見極めつつ、すっきり暮らしていきたい。

洋服も多くを持たない暮らし、継続しています。

ではでは。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存