モノを買った後の、気持ちのギャップに気づこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 109

モノを買う時には気分が高揚し
それが自分にとって絶対に必要だと信じているけれど

果たしてそれがずっと続くものってどれくらいあるのでしょうか?

買う前と
買った後の気持ちのギャップ。

これを意識していくだけで
大きく変わっていくことがあります。

スポンサーリンク

手に入れることだけに意識を集中させない

確かに買うことは楽しい。

それは私も否定しません・・。

でも、実際には買った後・・・
それを値段の価値なりに使いこなせているのかどうか?
買ったことに満足して、使うのは最初だけになっていないのか?

買うことにばかり意識を集中させず
買った後にどうなるかということを考えてモノを買う。

この部分ができていないと
後々にお金も残らず、支払いだけに追われる人生になるでしょう。

実際に私は勢いで新車や宝石を買ったことがありますが
うれしいのは一年か二年ほどで・・・

後々はそれを維持することやローンの支払いで
「買った後のギャップ」とイヤでも向き合うことになりました。

うれしいのは最初だけ。

継続して負担なく使い続けられるモノは、ごくわずかだということ。

そのことに気づいてからは
「使うのは最初だけ」と感じるモノは夫婦でお互いに相談しあって
慎重に買わないことを意識するようになりました。

そしてこの意識を持つだけで
時間とお金を失わない暮らしに変わっていくことができます。

euro-870759_1280

冷静に冷静に、あくまでも冷静に考えていこう

何度も言いますが、買い物は楽しい。

女性ですし、楽しいです私も。

でもだからといってその場のテンションで無駄に買って
後々に使わない物が家の中にあふれているのなら
なにかを見直すサインだと思いませんか?

服や洋服ならまだいいですが(良くはないですが 笑)
新車など・・・・

維持費を考えると、
2年後くらいから重くのしかかってくるものもありますから。

私自身経験しているからこそ、同じ過ちをおかさないように
買った後のことまでしっかりイメージし
使って本当に満足できるのかを考えています。

そうしないと
モノが自分の人生の足かせになる可能性すらあります。

こう考えるようになり、
以前よりも大きな出費もぐんと減りました。

買うという行為は楽しいからこそ
改めていま見直したい。

我が家の場合は、お互いに必ず相談することで
客観視して意見を言い合うようにしています。

そのおかげで劇的に買い物の仕方が変わりました^^

そうして貯まる家計へともつながることに成功。

貯められる人は、超シンプルの中でも語られています。

貯められる人は、超シンプル
横山光昭(著)
楽天ブックスはこちら

本当に大切なのは、買った後!

ここをじっくりと考えながら
これからも負担なく使い続けるモノだけを選べるように
慎重に冷静になれるようにしていきたいなと思います。

ではでは。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存