不要な洋服ランキングワースト3を、年末までに手放していこう!

そろそろ年末が近づいてきましたね。

大掃除の前にやっておきたいのは・・・
不要なモノを処分していくこと。

とくに私たち女性は、洋服を捨てられないですよね?(笑)

ですが、着ていない洋服は運気を下げますから・・・
新しい年を気持ちよく迎えるためにも、引き算をしていきましょう。

まずは、手放しておきたいワースト3から。

特にためこみがちな3つのパターンをまとめてみました。

スポンサーリンク

1位 一年以上着ていない洋服は、今後も出番がない

洋服を買う時には、どんなにときめいていても
この一年、一度も着ていない洋服は手放すこと。

よく三年、という期間のスパンがありますが、
これはやはり長すぎます。

なぜなら、この三年の間にまた増やしてしまうから。

まったく買わない人なら、いいんです。

でも、私たちは・・・やっぱり買ってしまいますよね?

買うのなら、この一年で袖を通していない洋服は手放しましょう。

どんなにかわいいと思い入れがあったとしても
着ない理由があるから、手に取っていないんです。

逆に、お気に入りは自然に手に取ってしまうもの。

私はシーズン中に一度も着なかった洋服は
来年まで持ち越すことはありません。

これはちょっと短すぎるスパンかもしれませんが
年間を通して必要なかったという事実を受け止めていきましょう。

そうすることで、また新しい洋服を受け入れるスペース
あなたのクローゼットの中につくることができますから。

この時間軸で区切るという手放し方は、やはり効果的なんです。

2位 値段が高くて、捨てる決断ができない洋服

値段が高い洋服は、手放しづらいですよね?

ええ、もうわかります(涙)

でも、私が経験したこともであるんですが・・・
自分にとって高すぎる洋服は、普段なかなか手に取りません。

つい手に取るのって、お値ごろな洋服だったりしませんか?

思い切って、張り切るようなお出かけ用に買ったかもしれませんが
それは年に何回あるのでしょうか・・・

そして、高価な洋服ほど管理するための
クリーニング代などバカになりません。

でも、処分することもできず・・・そのままで。

そうなるくらいなら、自分が着尽くせる値段の洋服を
シーズンごとに入れ替えするスタイル
にすること。

どれだけ高い洋服でも、やはり賞味期限はあります。

スタイルや流行に合わなくなってしまうことも考えて
私もすべて手放しました!

おかげで、いまは循環のよいクローゼットになりましたから^^

捨てることはもったいないと感じるのなら、
アパレルブランドはフクウロ楽天買取で買取してもらう。

お金に換金してもらえることで、スッキリとすることができますよ。

3位 着ぶくれする、やせたら着ようと思っている洋服

鏡の前で着てみた時に・・・・

あ、なんだか太って見えるなぁ・・・とか。
あ、これはキツイなぁ・・・とか。

ちょっとした違和感を感じている洋服は
そのままクローゼットの中に戻しますよね?

それが、肥やしの原因になります(笑)

なんとなく合わない色(老けてみえたり、暗く見えたり)
なんとなくサイズが合わない洋服は・・・手に取りません。

いつか、と思わずに
いま自分に似合う洋服だけに絞っていくこと。

それが洋服をストレスなく着こなせるポイントになるんです。

(私は洋服の色も絞るようになりましたよ)

引き算することで、欲しい洋服が見つかりやすくなる

こうやってクローゼットの引き算していくことで、
何が変わると思いますか?

まずは、日々のコーデがかなり楽になります!

いままでは好きな洋服が埋もれていた状態でしたが
これからは手に取るアイテムはすべてお気に入りだけ。

その上に、手持ちの洋服が管理しやすくなるので
以前よりもムダ買いをグッと減らすことができるんです。

洋服は、やはりそれなりの出費になりますから、
この節約効果は、かなり高いんですよね^^

来年からも、このクローゼットをキープするためには
ワンインワンアウトを習慣にすること。

ひとつ買うなら、ひとつ捨てる。

そうやって、本当に欲しいものだけを買っていきましょう。

私の場合は、定数を決めることで増えないようになりましたから。

関連記事です。
ワンシーズンは10着を最小限に。そこからプラスして考えるようにしています。

収納にもコーデにも悩まない。

ワースト3を引いていくことで、
年末までに、スッキリと整理しておきましょう。

ではでは。