子育て中のわが家でも、モノが少ないのは・・・やっぱり捨てているから。

ある程度、モノを減らしたとしても・・・
じつはここで終わりではありません。

半年か、一年もたてば
以前に必要だったものが、不要になる。

こういったケースはよくあるからこそ、
「これ、いらないかも?」と思うモノを見極めていく。

今年の夏は、思い切って子どものモノを整理しました。

スポンサーリンク

たった一年でも、必要なモノは変わるんです

子どもたちが成長したことで、
去年の夏休みに遊んでいたプールなどが、不要になりました。

何年か遊びましたが・・・

みんなで相談して、リサイクルショップへ。

自宅で遊んでいたプールから、学校のプールを利用するようになり
成長とともに変わってきたことを感じています。

ひとつ
ひとつ

以前に必要だったものであったとしても
いま使っているかどうか?

シーズンごとに見極めていくことで
モノを入れ替えていくことができるんです。

子育てしていると、このスピードの速さに
私自身でさえビックリすることだって、ありますから。

「去年は使っていたのにな」って。

今回は、マリオカートの付属品などのゲーム類も
楽天買取で買取してもらいました~。

ゲームひとつにしても、ブームって変わりますよね!

関連記事です。
遊ばないゲームを売って9千円!かなりの高値で買取してもらうことができました。

大切なのは、過去ではなくて今にフォーカスして
見極める目を磨いていくことです。

変化に合わせて、常にモノを見直していこう

子どもたちは、私たちよりも3倍は速いスピード
変化しながら生きているように感じますし・・・・

いまの時代、本当に変化するのもはやい。

その中で、過去の使わなくなったものを
何となく置いていると・・・・・

モノに埋もれてしまうのは、目に見えたこと。

わりと、片づけを一回で終わらせて満足してしまう方が多いですが
最低・・・年に2~3回は見直しが必要です。

これは、ほんとに(笑)

とくに、子育て世帯である私たちには、必要なことで、
わが家にモノが少ないのは・・・やっぱり捨てているから。

どうしたってモノは増えていく・・・・。

だからこそ、こういった時期には定期的に子どもたちと見直しながら
スペースを確保しつつ、片づけやすい環境をつくるようにしています。

ではでは。