「松居一代か!」と、夫に突っ込まれる(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

掃除がしたい。
掃除が楽しい。

そう思う気持ちが強くなり・・・
思い立ったら綿棒片手に部屋をうろつく私がいる。

そんな私を見て、夫が一言。
「松居一代か!」と、ツッコミされました(笑)

松居一代さんといえば・・・
お掃除大好き、松居棒なども編み出して

いまでは財テクもかなりのひと。

松居一代の開運おそうじ本も人気ですが・・・

ツッコミされつつも、別にイヤな気はしない。
だから、ま・・・いいかな(うん 笑)

やっぱり部屋がきれいにこしたことないですよね?

ちなみに綿棒では普段の掃除では行き届きにくい
幅木の角っこや、隅っこなどを濡らした綿棒でふきとってますよ~。

実際にいらないモノを全部捨てて
部屋中をキレイにするようになり・・・

理由付けなんてできないけど
金運もあがったし、暮らしの幸せ度もかなり上がりました。

だから、やっぱりいいんだってこと。

松居一代さんがあそこまでお金に恵まれているのも
きっと家の美しさも関係している。

そういうことも、掃除を通じてわかるようになりました。

ただね。
この綿棒のお掃除をしているとね。

3歳の息子がマネをして
部屋の隅っこを掃除しながら

「きれい、きれい」ってマネするようになりました・・・

3歳にして、お掃除マン!
ちょっと面白い(笑)

でも楽しくお掃除して
なおかつ色んなことに幸せが入ってくるなら

すごくいいことだと思いませんか?

たとえ夫に言われても
掃除を続けていこうと思うちゅらでした^^

ではでは。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

フォローお願いします^^

ちゅらの日常を掲載中(インスタにて)
Instagram

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存