36歳、2児の母である加藤さんの貯めっぷりを見て思うこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

なかなかお金の話って
友達とすることはありませんよね?

具体的にどれくらい貯めているのか・・・とか。

ちなみに私が参考にするのは、
マネー雑誌や、本などの貯め上手なひとたちから。

ここ最近では、36歳の加藤さんの貯めっぷりが一番印象に残っています。

スポンサーリンク

お金の知識で、貯め方に差がでてくる

ちなみに加藤さんを知ったのは、
マンガ 自営業の老後で紹介されていたからです。

立場はフリーランス。

子どもも同じ人数で、同世代でしたが・・・
いまこれだけ貯めているそうです。

36歳、2児の母 フリーランス(イラスト)

・貯蓄型生命保険 80万(年額)
・養老保険 40万(年額)
・確定拠出年金 6.8万(月額)
・小規模企業共済 7万(月額)
・積立投信 1万(月額)

年間300万円ちかく・・・!
ビックリしますよね(笑)

20代からお金について取り組んだそうなので、
資産はかなりあることが予想できます。

加藤さんも私たちと同じ主婦。

たったひとつ違うことは、ちょっとしたお金の知識の差だそうです。

情報を知るだけで
大きく変わることがあるという内容が印象的でした。

マンションを買えるくらいの差になります

加藤さんは、お金の知識での差について
「マンションを買えるくらい、差が付きますよ」
言われていましたが、確かにそうかもしれません。

お金の知識をつけるだけで、
収入がふえたり、運用で増やすことができたり・・・

すこしだけ知っていこうとするだけで
3000万円ちかい差が出る可能性があるということ。

大げさではなくて、
私もそうなので、ここはとても共感できたことなんです。

知ろうとする。

この姿勢の違いですよね!

関連記事です。
どうすればお金に困らない人生を送ることができますか?

未来の自分を助けるために・・・

お金と上手に付き合うことができれば、
いまのお金を未来につないでいくようになります。

逆にいえば、いまの生活が厳しいということは
過去の自分がまねいてしまったことでもあるわけです・・・・

お金の知識をつけるだけではなく
こういうつなぎ方も、参考になりました!

自分たちのお金のことは、自分たちでやる。

同じ世代の子育てママさんがやっていると、
学べることが沢山^^

前回の友達の記事です。
友達の投資のやり方に、ちょっと衝撃を受ける。
友達の「つもり貯金」がすごすぎて・・。

私も、これからもお金のことを学びながら・・・
微差を大切に積み上げていきたいなと思います。

ではでは。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

フォローお願いします^^

ちゅらの日常を掲載中(インスタにて)
Instagram

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存