年賀状作りはカンタンに!手描きのイラストをそえて作ってみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

やってきましたね・・・
気が重い、年賀状の季節です(笑)

わが家は、自分たちで年賀状をつくるんですが
毎年母の分もつくるので、そろそろ動き始めました。

とはいえ、やることはカンタン!

あまりお金と手間暇をかけず、作るようにしています。

スポンサーリンク

筆ぐるめと、手描きイラストで手早く仕上げる

年賀状は、プロにお願いすることもできますが・・・
それなりの値段がしますよね。

毎年その費用が続くことも考えて、
私は筆ぐるめ 25を使い、簡単に作成するようにしています。

とくに誰かに教えてもらえなくても、
専用ソフトを使えば、レイアウトもすぐにできますし・・・

住所録も一度入力すれば、来年からは手間暇なし。

今回は5年ぶりに新しいバージョンを使いましたが、
いろんな装飾機能がついていて、新鮮でした^^

写真のフレームの種類もかなり豊富で
カンタンに年賀状もレイアウトすることができます。

これは便利・・・

作っていて楽しくなってしまう・・・
これもうれしいポイントですよね!

干支だけは、手描きイラストを添えて

毎年、干支のイラストを楽しみにしてくれる友達がいるので
ここだけは手描きでかいているんです。

水性ペンと、水彩絵の具で15分ほどで作成したイラストを
プリンタでスキャンして、読み込み。

画像を少し明るくするだけで、
写真のように添えることができます。

戌年なので^^

ちょこっとイラストは大好きなので
この時間だけは、楽しんでます。

後は例文のある文書をそえて、
子どもたちの写真を加工して、レイアウトするだけ。

やり始めれば、ソフトがあればカンタンですね。

詳しくは→筆ぐるめ 25 特別キャンペーン版 (最新) | Win対応

インクは低コストで抑えて、準備完了!

実家の母の分も私が作成するので、
インクは低コストで使える、互換インク 6色マルチパックを愛用中。

お値段は1,180円(税込み)
機種により変わるので、チェックしてみてください。

関連記事です。
インクが激安!純正のように安心して使える互換インクを愛用中
(何度か使っても問題はないので、毎回注文しているインク屋さん)

後は、郵便局で年賀ハガキを購入して・・・
印刷すれば終了になります。

つい後回しになりがちですが、
今年も、なんとか準備はしておきました(笑)

年末は何かとバタバタしますが、
あわてないように、やっておきましょう^^

ではでは。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

フォローお願いします^^

ちゅらの日常を掲載中(インスタにて)
Instagram

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存