兄弟のランドセル収納に、無印のパイン材ボックスを並べる予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

50平米のちいさな賃貸で暮らす私たち家族には
子どもに個室を与えることはできません。

学習机も、かさばるので持たない。

そんな持たないスタイルで生活するためには
コンパクトな収納を考えることが大切
になります。

スポンサーリンク

子どもがいてもミニマムに暮らせる工夫をする

子どもがいると、ある程度のモノは増えますが、
それでもそこにブレーキをかけることはできます。

モノを増やしすぎない。
大きなモノを部屋に増やさない。

この2つを意識しながら、私もミニマムに暮らせるようになりました。

来年には、次男が小学生になりますが
長男と同じく学習机は買わず、ダイニングで宿題するスタイルで。

ランドセルに関しては、
長男がいま使っている無印のパイン材ボックスを使う予定。

いま、長男が長く使っていますが
やはりパイン材なので丈夫なんです!

モノのあつかいが荒い男の子にもピッタリ(笑)

その上に、シンプルでインテリアにも違和感がないことから
これを2つならべて収納するつもりなんです^^

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ランドセルよりも、ひとまわり以上大きいので
ガボッと入れることができますよ。

体操服なども、前日にここに準備しておくこともできますから。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お金もスペースにも、負担のない暮らし

子どもが成長してくると、
急いで引っ越しをしたり、マイホームを買う人も多いですが・・・。

ちいさく暮らせる間は、工夫をすることを続ければ
お金とスペースに負担をかけることはありません。

じっさいに長男が小学生になってわかりましたが、
上級生になればなるほど、帰宅時間も遅くなります。

帰宅して戻ってきたら宿題をして、夕ご飯・・・
ほぼそんな毎日なので、スペースってあまり必要ないんです(笑)

これくらい必要だろう。
という予想は、意外とあてにならないもの。

必要な時に、必要なモノとスペースを考える。

これからもミニマムに暮らしていきたいので、
工夫をこらしながら、負担のない持たない暮らしを続けていきますね。

ではでは。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

フォローお願いします^^

ちゅらの日常を掲載中(インスタにて)
Instagram

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存