夏でも体を冷やしてはいけない・・・年齢を重ねることで感じた体のサインとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

旦那さんが近くにおられるのなら、
ぜひおでこを触ってみてください。

うん、あったかいですよね私たちより^^

そうなんです。
女性である私たちは、低体温の人が多い。

このことで、体を冷やしてしまい・・・
健康を害してしまうことが、私にもありました。

あ、旦那さんより体温が高い人は大丈夫です(笑)

スポンサーリンク

夏でも油断できない、冷え対策は万全に

私は18歳からデスクワークを続けていたので、
とにかくクーラーなどの冷えに常にさらされていました。

20代前半までは、それでもよかったけれど・・・

これが30代に近くなると、
慢性的な冷え性になってしまう。

手足から、体の芯まで冷えていく。

夏でもクーラーは容赦なくおそってきますから
体を冷やさないように、意識してやっている3つのことがあるんです。

まず毎日かかさないのは・・・
黒糖しょうが湯です!

はい、夏でも一日2杯は飲んでいます^^

体の中から温めることで、内臓が元気になり
冷えによる便秘や下痢がなくなり、肩こりにも効果を感じています。

コーヒーも好きですが、
体を温めるという面では、やはり生姜でしょう。

詳しくは→国産 黒糖しょうがパウダー

切らさないように、これだけはストックしてあります。

布ナプキンで下半身を冷やさない

2つ目は、布ナプキンを愛用していること。

私、これを長く愛用するようになって気づいたんですが・・・
生理痛がほとんどありません。

ほぼ(笑)

生理前は、少し頭痛やだるさを感じますが、
腹痛などになることが、すっかりなくなりました。

そして終わるのも早い(4~5日)

具体的な効果は、さだかではありませんが
天然のオーガニックコットンをつけることで、
子宮にいい効果があるのかなと、うれしくなって続けています。

その上に、生姜湯で温めていることも
ダブルで私の体にあっているのかもしれません^^

おりもの用も、オーガニックSHOPメイドインアースさんのモノを
毎日使うようにしています。

月に一度の周期でわかる、体からのサイン

これらのことに合わせて、後は薄着をしないこと。

夜眠る時もそうですし、外出の際には上着を用意して
体が冷やされることを意識して注意するようにしています。

ちいさな3つのことですが、
続けていくことで、周期の遅れがまったくなくなり、
いまは快適に過ごすことができるようになりました。

冷やさないって、本当に大切なんですよね。
「体を温める」と病気は必ず治るも参考にしています)

周期が乱れている場合には、
自分の体からのサインなのかもしれません。

だんだんとおかしくなっている時には、
自分の生活習慣を見直したり、冷えを意識してみましょう。

それだけで、グッと体が楽になります。

私もだんだんと年齢を重ねていくようになってきたので、
これからは健康も意識して過ごしていきたいなと思います。

ではでは。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

フォローお願いします^^

ちゅらの日常を掲載中(インスタにて)
Instagram

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存