所有することではなく、使用することでモノは活かされる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

やりたいことができたとき、
まずはカタチから入ろうとして、モノを買いそろえることが多い。

でも、少し待ってください。

どうせなら、すべて買うのではなくて
まずは実際にやってみましょう。

スポンサーリンク

カタチからではなく、体験からはじめてみよう

私も趣味をはじめた時には、カタチから入っていました(笑)

道具をフルでそろえて・・・
あれもこれも、買う。

でも、実際には買って満足することが多くて
ほんとうには必要ない
ことだって多々ありますよね?

それならば、カタチからではなくて
まずは最低限でもできることからはじめてみよう。

私はパンを焼くのが趣味ですが、
べつに型がなくても、色んな種類のパンを焼くことができます。

沢山焼いて、
その上でどうしても欲しい型があるなら買えばいい。

いまは3年前から水彩画を習っていますが、
必要な道具として買い続けているのは、水彩用紙だけ。

それだけでも、十分に体験することは楽しめるんです。

持っていても、何も成長はできない

モノを買っても、何かを体験できるわけではありません。

私はいま3年ほどプロの先生に習っていますが、
じっさいに自分が描くことでしが成長できないことを感じています。

先生の色の作り方、筆の使い方、色合いのバランス。

それらを見て、少しでもマネしてやってみる。

最初は全然できなくても、
できることが増えてくると、その成長がうれしくて楽しい。

できなかったことができるようになる、これが増えると
人生がより充実していくこともわかるようになりました。

その為にはモノからではなくて
やはり体験から、それに尽きるような気がします。

ちいさな成長こそが、生涯の楽しみにつながる

モノを幸せの象徴にはしない。

そこに幸せを見出してしまうと、
ドンドン増やしていく人生になってしまうでしょう。

でも、人として本当に充実した生き方とは
自分が成長し、少しでも前に進んでいると感じること。

私はなにかとできないタイプではありますが(笑)

趣味や仕事を通じて、
少しずつできることが増えていくことが、いまの楽しみなんです。

パンが焼けるようになれたこと。
描きたい絵がかけること。
仕事を通じて、喜んでいただけること。
家事をこなして、幸せに過ごす時間を増やすこと。

少しずつでもいい。

体験を通して、経験を増やしていくことで
人生は充実した日々に変わっていきます。

これからもまずはカタチから入るのではなくて、
自分でやってみることを大切にした生き方をしていきたい。

モノより、体験を。
少しずつの成長を意識した生き方を、これからも続けていきたいと思います。

ではでは。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

フォローお願いします^^

ちゅらの日常を掲載中(インスタにて)
Instagram

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存