たとえば月に1万円を積立投資したら、どうなっていくの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 109

投資信託で積立投資をすることが少しずつ広がっています。

でも、最初はよくわかりませんよね・・(笑)

私も「投資は複利で増やす」・・・と、聞いても
イメージさえできず、とまどいましたが・・・

数字で計算されると、イメージすることができるんです。

スポンサーリンク

月に1万円を30年積み立てしたら、どうなる?

では、シンプルに複利で増やす計算してみましょう。

複利とは?
最初は元金に利息がつきます。
その利息の分だけ大きくなった元金を運用して、また利息をつける。
それを続けていくことで、雪だるま式に資産を増やしていくことができるというもの。

月に1万円を年の複利5%で30年間運用したら・・・
積立金額が360万円にたいして、資産は818万円にまで増えます。
(注:あくまでも計算でのシュミレーション)

約2.2倍。

すごくまとまった金額になりますよね?

「月に1万円では、やっても意味がない・・」
と、ネガティブに考えるのではなくて、その小さな積み重ねで
後々にうけとれる資産が変わることをイメージする。

これが、長期投資をするときに大切にしておきたいことです。

月に5千円の積立でも、
30年後には400万円になる可能性がある

私が家計が苦しいときでも、セゾン投信を継続できたのは
月に5千円を続けてくことの先を考えながらやってこれたから・・・

月々5,000円から始める長期投資。セゾン投信

小さくとも、雪だるまのように増やしていくことができれば、
だんだんと投資が楽しいモノへ変わっていきますよね^^

雪だるまをころがしていこう

20~30年のスパンで考える時には、
若いころになるので、みんなまとまった金額は持っていないはず。

私も20代のころは楽しいことにすべてお金をつかったり・・
投資にまで気が回りませんでした。

若い時には、それでいいと思うんです。

ただ、これからは高齢化社会ですから、
少しずつでもお金をふやしていくような仕組みを持っておきたい。

時間とともにコロコロと転がしながら・・・・
大きな雪だるまを作るイメージを持つ。

私に勇気をくれた、さわかみさんの一冊です^^
(実話コミックなので、面白い)

実話コミックエッセイ 月1万円からできる人生を変えるお金の育て方
馬場 千枝 (著), 澤上 篤人 (監修), 山本 ユウカ (イラスト)
楽天ブックスはこちら

ちいさく
そして少しずつ大きく・・・

自分たちの経済状況に合わせて続けられる状況をつくること。

私はこういった複利の計算式を調べてみては
ちいさくとも続けていくことを大切にしてきました。

これからも色んなことがあると思いますが、
その時々にしっかりとやりくりして継続していこうと思います。

ではでは。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存