もったいないものほど、手放すと運気があがる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

多くの人が「人生を変えたい・・」
心の中でそう思っている部分が実はあったりします。

私もそうでした。

でも、いまの生活のまま何かを変えようとしても変わりません。

それはなぜか?
変化を求めるのなら、何かを手放さなければいけないから。

スポンサーリンク

手放すからこそ、変化が訪れる

使わないモノを手放すことは、ゴミになるので「処分」になります。

それは、話が違うので横に置いておいておきましょう。

ここで伝えておきたい手放しとは、
自分にとって「もったいないように感じるモノやコト」のことです。

手放すのが惜しい。
手放すのが怖い。

あなたにも、そういうモノがありませんか?

そういうモノを手放していくと、そこに引き寄せの法則が働き
宇宙から新しいギフトがプレゼントされます。

私自身、本当にもったいないな・・・と感じていたモノを手放してみたり
思い切って安定した職からフリーランスへ移行していったおかげで
新しい人生を歩むことができるようになりました。

この数年の変化に一番びっくりしているのは
夫や友達、そして私本人です。

実際に私は体験してみたので、よくわかりましたが
このことはKeiko的 月の浄化術から学ぶと、わかりやすいですよ。

手放すことは失うようで、そうではない。

新しいギフトを受け取る為に、行わなければならないこと。

この法則を知ると、より潔く手放せるようになります。

(あの時にこの法則を知っていれば、もっと軽く変われたなと思いますが・・・)

手放しができない人は、変われない

でも、その逆に手放しができない人は人生を変えることはできません。

人生を変えていきたい、と思うのなら・・・
何かを捨てないと、何も得られない。

これは法則のように感じることが多々あります。

でもその覚悟ができる人にだけ、新しい人生がやってくる。

私が客観的に見ていて感じることは、
「片づけで人生が変わった」という人たちは、
やはり思い切って、大きな何かを手放しています。

その何かはひとそれぞれですが・・・

それが大きければ大きいほどに人生に変化が起こるんです。

身軽になった人にだけ訪れる変化がある

私はスピリチュアルのプロではありませんが
実際に自分の人生がここ3年ほどで劇的に変わったことを考えても
手放しの効果を感じずにはいられません。

手に持っていたモノ、失うと怖かったモノが大きければ大きいほどに
身動きができない人生を歩んでいたように思います。

でも、いまはとても身軽で自由。

時間にも空間にもゆとりを生むことで、
受け取れることが変わってきました。

ウソのようで、私も経験して感じていること。
keikoさんの本を読むと、納得できることばかりですね。

「運のつまり」を取れば、幸運はあたりまえにやってくる! Keiko的 月の浄化術
keiko(著)
楽天ブックスはこちら

手放せば手放すほどに豊かになれる。

そんな人生の変化も楽しみながら、身軽で自由な持たない暮らし・・・
これからも続けていこうと思います。

ではでは。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

フォローお願いします^^

ちゅらの日常を掲載中(インスタにて)
Instagram

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存