お金の為に働くのではなく、お金に働いてもらおう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

仕事をしてお給料(お金)を頂くこと。
私たちはそれを基本に日々働いています。

でも、もう何年も働いていて感じることですが
それだけでは中々、大きなゆとりは生まれません。

幸せになる為には多くのお金は必要ないとはいえど
やはりある程度のゆとりは必要だと感じています。

その為に、お金の為に働くことから・・
お金に働いてもらうことを実行していきたい。

スポンサーリンク

投資はやらなければいけないという時代へ

私は10年以上前から投資や経済に興味があったので
投資をしてお金に働いてもらうことで、少しずつ資産が増えてきました。

関連記事です。
お金が働いてくれるって、こういうことなんだと感じます。

投資をしている理由は簡単にふたつです。

インフレによる、預貯金の目減りのリスクを避けるため。
積立投資をすることで、複利でお金を増やしていくため。

この二つを理由に、私は10年投資をしています。

私の周りで投資をしている友達もいれば、そうでない子もいます。

まだ少数の人だけがしていることなのかな・・と思っていましたが
実際には、もう投資はやらなければいけない時代に来たことを
田中さんの本から強く感じました。

コミックでわかる 20代から1500万円!積み立て投資でお金をふやす

ゆとりができてからやろう、じゃ遅すぎるんですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

投資がはじめての人でもわかりやすいコミックで
なにが本当のリスクなのか、どうやってお金を増やしていくのか?

ひとつずつ疑問を紐といてくれる一冊です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レビューの評価が高い理由にも、納得。

特に主人公のユイさんが、投資で人生のゆとりを手に入れていく姿は
これからの時代、私たちの希望の光になるような気がします。

コミックでわかる 20代から1500万円!積み立て投資でお金をふやす
田中唯(著)
楽天ブックスはこちら

投資はやらなければいけない

「投資なんて、お金にゆとりのある人がするもの」
そういう思い込みは、この本を読んで少し考えさせられました。

お金がないからこそ、投資をしなければいけない。

そうなんです。
むしろ、私たちがするべきこと。

なぜなら、お金にゆとりがないまま生きていたら・・・
将来は、やはり大変なことになるのが目に見えてわかるからです。

悩んでいる前に、小さな一歩を踏み出してみる。

そうすれば、時間を有利に使いながら
じっくりと資産を増やすことができるということなんです。

お金にも働いてもらおう

お金に働いてもらうと、勝手にお金が増えていきます。

私は長期投資のセゾン投信
運用していますが、利益が200万円をこえてきました。

2016y12m02d_092111325

ここに投資しています→月々5,000円から始める長期投資。セゾン投信

最初はバランスファンドで月に5千円から。

そこから続けていくことで、私自身大きく世界が変わりました。

関連記事です。
・投資は思っているよりも、楽しい。月1万円の積立でも、時間を味方につけてここまで増やすことができる。子供に経済とお金のことを学んでもらう為、積立投資をはじめました。 

お金のことで人生に制限ができてしまわない為にも
こういう運用を上手に生かしていく。

これからもより積極的に取り組んでいこう。

改めてそう感じました。

ではでは。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログの更新を見逃しません