キャンプ生活から得られる暮らしのヒントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

私がモノを減らすひとつのキッカケになったのは
キャンプ生活やバックパックひとつで生活していく人たちの
あまりの身軽さの影響
もあります。

多くを持っていたって、重いだけ。
荷物は最小限で、その場その場を楽しむこと。

小さなお鍋とナイフだけで暮らしている生活は
ありあまるキッチン道具を持っていた私には深く考えさせられたもの。

本当に必要最小限のモノってどれくらいなんだろう、と。

スポンサーリンク

本当に必要なモノは、思っているよりも「より少ない」

バックパックにはいる荷物は限られています。

トップスが3枚に、ズボンが2本。
洗濯してもすぐに乾く素材を選び、それ以上は持たない。

調理器具はお鍋一つにナイフで
食器は大きめのカップとスプーンにフォークだけ。

キャンプに必要な道具だからということはわかっていても
それだけで1~2か月の間も生活することを考えると・・・・

いかに必要なモノが少ないのかということを
私は深く考えずにはいられませんでした。

私は持ちすぎているから、モノの管理に追われて
心まで重くいきているのかな・・・・

そのことをハッキリと感じてからは
より沢山のモノを手放すことができるようになれたと思います。

特に調理器具に関しては
キャンプのことがいつも頭にあるので、必要以上には増やしません。

おいしいモノはいつもシンプルだったりますよね。

94982

本当に必要最小限なモノの量を知っておくこと

別にキャンプ生活になろうということではありませんが(笑)

そうではなくても
本当に人が生きていく上で必要最小限なモノの量を知っておけば
モノをむやみに増やすことはなくなります。

いらないモノをそぎ落としていくことで
心まで軽くなり、生まれ変わったような感覚さえ感じることもあるでしょう。

持つことからより持たない方へ意識を向けると
バックパックの重さが自分の人生に置き換えられて
より身軽に生きられることにきっとあなたも気づくはず。

そうなんです。

人生だって、背負っていたら思うように動けません。

そういうこともキャンプ生活や旅から学べることではないでしょうか。

シンプルな生活をおくっている
みしぇるさんもキャンプ一家から影響を受けておられて
いまは本当にスッキリと生活されています。

シンプル生活 55のヒント 家事がラクになる、心が軽くなる
みしぇる(著)
楽天ブックスはこちら

幸せでミニマルな生活スタイルを参考に・・・

自由に動けることを最優先にした暮らしを送りたい。

改めて、いまそう思います。

ではでは。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存