割引券は得をしているようで、損をしている理由。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

割引券はもたない。

一見、お得に思えてしまう割引券ですが
実際には・・・ 大きく損をしている理由があるんです。

スポンサーリンク

お金を使うスイッチが割引券である

私も、割引券はお得なんじゃないのかと思っていました。

たとえば外食にいったときにもらう
「次回は10%オフになる」という券だとか

たまにいったお店で
「何円以上買うと50円引き」になる券だとか

これをもらうと
その割引券を使う為にまたお店にいこう。

そういう心理が少なからず働きますよね?

でも実際にそのお店には数か月に一度くらいしかいかないのなら
必要のない外食やモノにお金を使うスイッチになっている。

そういうことに気づいてからは
割引券は持たない、という考えにシフトしていきました。

6ecc513969537df26202aea9f944bcbe

毎週いくようなお店の割引券以外は、いらない

得をしているようで
大きく損をしている。

一回の外食で4~5千円使うのなら、その通り。

このことはお金を整えるの市居さんも
著書の中で書かれていたことで

お金を整える
市居愛(著)
楽天ブックスはこちら

軽い気持ちでついついそういう流れにならないように
考えるべきだと、再確認しました。

お得に見えるようで
世の中にはそうでないことがある。

関連記事です。
3足1000円の靴下を買っているあなたへ。

もともと行く気だったのならいいですが
そうでない場合は、よく考えておくこと。

そうして大切なお金を必要な物に使うことを意識して
不要な割引券は全部捨てる。

「それ、いらない」を生活の中でも実践しています。

ではでは。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログの更新を見逃しません